このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

rpmbuildのカスタマイズ(参考) このメッセージに返信する
日時: 2008/09/25 20:01
名前: stranger
URL:
サーバには汎用であることが望ましいのであくまで参考です

dovecot.specの一部

%define upstream 1.0.7
%define pkg_version 1.0.7
%define my_release 2
%define pkg_release %{my_release}%{?dist}

Summary: Dovecot Secure imap server
Name: dovecot
Version: %{pkg_version}
Release: %{pkg_release}

上記の記述をふまえて /etcに自分用の設定ファイルをつくる
/etc/rpmrc
optflags: pen3 %{__global_cflags} -m32 -march=pentium3 -fasynchronous-unwind-tables

/etc/rpm/macros.dist
%dist .C52

上記の設定で
# cd /usr/src/redhat/SPECS
# rpmbuild -bb --target pen3 dovecot.spec
を実行すると

/usr/src/redhat/RPMS/pen3 に
dovecot-1.0.7-2.C52.pen3.rpm
pentim3にカスタマイズされたパッケージが作られると思う

--targetになにも指定しないとデフォルトのi386パッケージがつくられる

/usr/lib/rpmの中をいろいろ探ると仕組みがわかる?ような気がする
自分なりにカスタマイズできることがわかるだけで良いです
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -