このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

amavisd.confの意味 このメッセージに返信する
日時: 2008/09/05 22:39
名前: melon
URL:

お世話になります。
CentOS4です。
Postfix+Clam AntiVirus+SpamAssassinにてメールサーバーを運営しています。

Spamの処理について質問です。

ある程度はユーザに判断してもらって処理をまかせています。
しかし、score URLBL_RBLJP などあきらかに排除したいものは1000ポイントのスコアを付るなどして配送しないようにしたいのです。

/etc/amavisd.confに

$sa_tag_level_deflt = 2.0; # add spam info headers if at, or above that level
$sa_tag2_level_deflt = 6.0;
$sa_kill_level_deflt = 6.0; # triggers spam evasive actions (e.g. blocks mail)
$sa_dsn_cutoff_level = 999;

$final_virus_destiny = D_DISCARD;
$final_banned_destiny = D_BOUNCE;
$final_spam_destiny = D_PASS;
$final_bad_header_destiny = D_PASS;

とすることで6.0以上は****SPAM****が付き、999を超えると$sa_dsn_cutoff_levelにより廃棄になると思ったんですが、なりません。この設定の意味をご教授お願いいたします。
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -