このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

メールサーバーでスパムチェックのuser_prefsについて このメッセージに返信する
日時: 2021/02/22(Mon) 16:30
名前: たぁー
URL:
user_prefsの以下ダウンロード先ですが、公開を辞められているようです。
https://pastebin.com/raw/QnwRxxBQ

代替案をご存じの方いませんか?
記事編集 編集
Re: メールサーバーでスパムチェックのuser_prefsについて このメッセージに返信する
日時: 2021/02/27(Sat) 16:09
名前: superweibu
URL:
これtwitterの方で
作者さんに連絡をとっています
記事編集 編集
Re: メールサーバーでスパムチェックのuser_prefsについて このメッセージに返信する
日時: 2021/02/28(Sun) 10:14
名前: superweibu
URL:
https://twitter.com/Yoh_Matsuda/status/1365643108734570507

公開されました。
ファイルの展開方法は

wget -O - https://pastebin.com/raw/D0hF900D |tr -d '\r' > user_prefs.shar
chmod +x user_prefs.shar
bash user_prefs.shar
7z e user_prefs.7z

私は試しにスクリプトこんな風にしました。



#!/bin/bash

# SpamAssassin設定ファイル最新版ダウンロードとファイル展開用ディレクトリの作成
cd /etc/mail/spamassassin
mkdir userprefs && cd userprefs
wget -O - https://pastebin.com/raw/D0hF900D |tr -d '\r' > user_prefs.shar
chmod +x user_prefs.shar
bash user_prefs.shar
7z e user_prefs.7z
mv -f user_prefs /etc/mail/spamassassin
cd ..

# 設定ファイル更新時のみSpamAssassin再起動
diff user_prefs user_prefs.org > /dev/null 2>&1
if [ $? -ne 0 ]; then
cp user_prefs local.cf

# スパム判断したメールを添付形式にしないように設定
echo "report_safe 0" >> local.cf

# スパム判断したメールの件名に「***SPAM***」を付加するように設定 受信メールサーバーがPOPの場合のみ
echo "rewrite_header Subject ***SPAM***" >> local.cf

# SpamAssassin再起動
if [ -f /etc/rc.d/init.d/spamassassin ]; then
/etc/rc.d/init.d/spamassassin restart > /dev/null
else
systemctl restart spamassassin > /dev/null
fi
fi
cp user_prefs user_prefs.org > /dev/null
rm -rf userprefs
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -