このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/09/27(Fri) 09:40
名前: stranger
URL:
ミラーサイトにてcentos8を構成中(リリース済み)

CentOS-8 (1905) Release Notes
https://wiki.centos.org/Manuals/ReleaseNotes/CentOS8.1905
CentOS-8 (1905) リリースノート
https://wiki.centos.org/ja/Manuals/ReleaseNotes/CentOS8.1905

redhat 8.0 リリースノート
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/8.0_release_notes/index
redhat 8.0 release notes(日本語版では省略されている部分があるかも)
https://access.redhat.com/documentation/en-us/red_hat_enterprise_linux/8/html/8.0_release_notes/index

minimal.isoはないみたい
以前からCD-ROMに入るような大きさじゃなかったけど
Boot ISO - インストールプログラムを起動するのに使用する最小限の ISO ブートイメージ
Binary DVD ISO イメージを使用して起動可能なインストールメディアを作成する場合は
2 層 DVD または USB キーが推奨されます
ソフトウェアのインストールは、DNF テクノロジーに基づいた、
新しいバージョンの YUM ツール (YUM v4) で行われます。
(yumはdnfへのシンボリックリンクのようです)

centos-releaseで設定されるrepo
7.xとは異なるので注意
updateは特定のrepoに収まらないようです

[AppStream]
enabled=1
[BaseOS]
enabled=1
[cr]
enabled=0
[base-debuginfo]
enabled=0
[extras]
enabled=1
[c8-media-BaseOS]
enabled=0
[c8-media-AppStream]
enabled=0
[PowerTools] 
enabled=0
[BaseOS-source]
enabled=0
[AppStream-source]
enabled=0
[extras-source]
enabled=0
[centosplus-source]
enabled=0
[centosplus]
enabled=0
[fasttrack]
enabled=0

ベースはfc28なのでサーバーデーモンのバージョンも上がっていて
(mariadb-10.3.x httpd-2.4.x php-7.2.x など)
関連パッケージで対応しきれない場合あり

追記 2019029
グラフィックカードにNVIDIAを使っていて、新規インストールされる方や
NVIDIA製のドライバーまたはelrepoのNVIDIA用のパッケージを使っている方は注意
elpepoではcentos8用のnvidiaのドライバーをサポートしていない

リリースノートより
GNOME セッションでは X.org に代わり、Wayland が使用されます。
Wayland では、マルチ GPU の設定が利用できません。
Wayland では、NVIDIA バイナリードライバーが有効ではありません
RHEL 7 システムから RHEL 8 にアップグレードすると、システムでは引き続き X.org が使用されます
GDM の Wayland を無効にするには、/etc/gdm/custom.conf ファイルに
WaylandEnable=false オプションを設定します。
GNOME セッションで Wayland を無効にするには、ログイン名を入力してから、
ログイン画面の歯車メニューで legacy X11 オプションを選択します
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/10/05(Sat) 15:37
名前: superweibu
URL:
CentOS8にのりかえた。

結構かわってるね

dovecotで
#ssl_protocols = !SSLv2 !SSLv3
このディレクティブを有効化するとメールクライアントソフトが接続できないですね。

spamチェックどうしようかな・・・。
まだ実装できない
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/10/13(Sun) 11:20
名前: superweibu
URL:
strangerさん
elrepoのカーネルは8に入った?
カーネルは入るだけど
他はelrepoのパッケージが入らない。
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/10/14(Mon) 08:11
名前: stranger
URL:
今の所 CentOS8 は様子見です
ADSLがなくなるころにはCentOS8になってると思います
elrepoではCentOS8用のグラフィック関連のkmodはまだ存在しません

CentOS7のkernelパッケージの場合です

私のところではインストール後の環境設定にkernel-4.xまたは5.xだけ必要なので
(oldパッケージのアーカイブ http://mirror.rc.usf.edu/compute_lock/elrepo/kernel/)
kernelを直接ダウンロードしてyum locainstallで入れています
その後はelrepoのスペックファイルを利用してkernelを再構築しています

kernel関連のパッケージをすべてelrepoのものに変える場合
kernel-headers を削除するとそれに依存する gcc や glibc-develなども削除されます

依存関係を壊すことなく入れ替えるには
yumのswapオプションでkernel関連のパッケージをelrepoのものに入れ替えます
依存性が無いものは一時的に削除します

# yum erase kernel-debug-devel kernel-devel
# yum swap kernel-headers -- kernel-ml-headers
# yum swap kernel-tools-libs kernel-tools -- kernel-ml-tools-libs kernel-ml-tools

上記は開発環境での話
サーバではkernelだけ変えれば良いのでやりません

elrepoにはml(mainline)とlt(longterm)があって、独自のpatchは当ててなく
あくまでkernelソースに依存してるのでマシンや環境によってはエラーを出します

我が家のoldマシンではkernel-4.19.77~79ではcentos7のKVMゲストの起動でgrub2が無限ループを起こします
kernel-5.3.6では問題ない

蛇足
&#8206;ASRock J3455-ITX マシンではelrepoのkernel-5.3.6ではkernel panicを起こします
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/10/14(Mon) 17:53
名前: superweibu
URL:
strangerさんありがとう

カーネルのみいけます。
他のは依存の関係上インストールできませんでした。
まだ、カーネルの方は様子見しておきます。
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/12/01(Sun) 20:48
名前: superweibu
URL:
8.1はどんな感じだろ
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/12/02(Mon) 06:23
名前: stranger
URL:
centos 7.7 ではfirefoxとgnome-shellの相性がわるく
パスワードの入力でフリッカーが起こってうまく入力できません
firefox自体も簡単にはダウングレードできない仕様なので
firefoxの最新版を試してみたのですが変わらないので
勝手にパッチをあててgnome-shellを再構築しました
ibusの問題かとおもってfcitxに変えようとして1週間ほど試行錯誤しましたが
ibusがgnome-shellに依存してるため上手く起動できないのです
yum erase ibus なんて記事をたまにnetで見かけるけど絶対に実行しないこと
(gnome-shellを一緒に削除するとGUI起動しなくなる)
ibus-kkcやibus-mozcを止めると/usr/libexec/ibus-engine-simpleが
自動的に起動されてしまう
ibus-engine-simpleでキーボード入力を補っているので
これをどこかに保管しちまうとGUI画面が固まるよ

centos8ではfirefoxとgnome-shellの問題は起こってないようです

蛇足
centos7のsqliteは多くのアプリケーションで使われているけど
ヴァージョンが古いのでfirefoxのつくるデータベースを管理できない
sqlmanagerみたいなアドオンが機能しないよ
sqliteも勝手にアップグレード
KVMでcentos7のGUI(gnome)をゲストで検証してからホストに入れてます
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/12/04(Wed) 19:42
名前: superweibu
URL:
CentOS8のライブカーネルパッチが気になる
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/12/04(Wed) 21:24
名前: stranger
URL:
CentOS7のfirefixのsqliteファイルをsqlite3コマンドでvacuumすると
CREATE TABLE moz_meta (key TEXT PRIMARY KEY, value NOT NULL) WITHOUT ROWID ;
の部分でエラーになります(WITHOUT ROWID を認識しない)
プラグインSQLite Optimizerなどは上手く機能しないと思います
これはCentOS7のsqlite-3.7.xのバージョンを上げると上手くいきますが
ファイルの大きさは変わりません、やっても意味ないかも?

tcl-develが必要なのでtcl-8.6.8-2.fc30.src.rpmをビルドして入れる
最初に依存性の確認
$ rpm -e --test tcl

その後sqlite-3.26.0-6.fc30.src.rpmをビルドして入れる
きもはCentOS7の構成に合わせてsqlite-libsをsqliteに含めるようにする
そうしないと失敗した場合にダウングレードする時に大変だから
ライブラリは/usr/lib64/libsqlite3.so.0なのでcentos7と変わらない

最初に依存性の確認
$ rpm -e --test sqlite
多くのパッケージがsqliteを使っていることがわかる

失敗したらGUIが立ち上がる前までは起動してるので
CUIで再起動するか他のコンピュータからsshで接続して元に戻す
$ sudo yum downgrade sqlite

gnome-shellに関しては

https://bugs.centos.org/view.php?id=16545
https://gitlab.gnome.org/GNOME/gnome-shell/commit/551e827841626cd8084daa2210b3bf60e5be96be

を参考にしてgnome-shell-3.28.3-13.el7_7.src.rpmにパッチをあててビルドしていれてます
Release: 13.1%{?dist} のようにちょっとだけあげておく
失敗したらyumでダウングレード
CUIの部分までは起動するので
CUIで起動するか他のコンピュータからsshで接続して元に戻す

10Mバイトくらいのファイルの構築に100Mバイト以上の開発ファイルをダウンロードしなきゃいけない
それにgnomeの主要部品にepelの開発ファイルが必要なことに信頼性を疑っている自分がいます

内緒はおかしいですね 勝手にに変えておきます
記事編集 編集
Re: centos8がリリース中 このメッセージに返信する
日時: 2019/12/04(Wed) 21:55
名前: superweibu
URL:
centosのiptablesのバックはnfsなんで微妙にかわる。
ここサイト様の設定ではエラーがでます。
昔のiptablesで運用してます。
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -