このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

SpamAssassinのプロセス数 このメッセージに返信する
日時: 2016/02/17(Wed) 17:51
名前: ma-to
URL:
いつも拝見させていただいております。

先日、SpamAssassinで困ったことがあり、改善を行う上でご教授頂ければ幸いです。

現在のメールサーバーの環境としては、Postfix + vpopmail + qmail に加え、
Clam AntiVirus + SpamAssassin を実装しております。

メールを利用しているユーザーがToやCcを含め5箇所に対して約15MBの添付データ
のメールを配信しました。
配信先にSpamAssassinがスキャンを行っているようですが、並列処理されているため
5つの spamd のプロセスが呼び出され、略100%のCPU使用率になり、ハングアップ
してしまったと考えられます。

その際のmessageのログには
kernel: "echo 0 > /proc/sys/kernel/hung_task_timeout_secs" disables this message.

と有りました。
おそらく、リソースを食いつぶして止まってしまった様です。

そこで、spamdの最大プロセス数の制限を制御したいと考え、色々調査した結果

/etc/sysconfig/spamassassin の設定を変更することで改善出来るのでは無いかと
思いまして、

SPAMDOPTIONS="-d -m5 -v -u vpopmail --virtual-config-dir=/home/vpopmail/domains/%d/%l/.spamassassin"

の設定を変更して

SPAMDOPTIONS="-d -m1 -v -u vpopmail --virtual-config-dir=/home/vpopmail/domains/%d/%l/.spamassassin"

にて実行してみました。

確認時にはメールの流量が少ないため、最大プロセス数は解らないのですが、 ps axuwf | grep spamd
を実行してみると

-m5 の時は
root 12294 88.4 2.5 60820 52688 ? Ss 16:47 0:28 /usr/bin/spamd -d -m5 -v -u vpopmail --virtual-config-dir=/home/vpopmail/domains/%d/%l/.spamassassin -r /var/run/spamd.pid
vpopmail 12324 0.0 2.4 60820 50524 ? S 16:47 0:00 \_ spamd child
vpopmail 12326 0.0 2.4 60820 50436 ? S 16:47 0:00 \_ spamd child

-m1 の時は
root 12439 88.6 2.5 60828 52676 ? Ss 16:48 0:29 /usr/bin/spamd -d -m1 -v -u vpopmail --virtual-config-dir=/home/vpopmail/domains/%d/%l/.spamassassin -r /var/run/spamd.pid
vpopmail 12475 0.0 2.4 60828 50520 ? S 16:49 0:00 \_ spamd child

になっているため、この設定で間違いないのでは無いかと考えておりますが、
実際にこの設定で良いのでしょうか?

また、この -mの設定以外に変更するオプションや、追加しておきたいオプションなど
ございましたらご教授願いします。

宜しくお願い致します。
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -