このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

CVE-2016-0728 について このメッセージに返信する
日時: 2016/01/27(Wed) 17:05
名前: SAMBA
URL:
お世話になります。

CVE-2016-0728 の脆弱性問題※に対応するため、CentOS7(Kernel 3.10.0-229.1.2.el7.x86_64)上で、
以下のコマンドを実行してKernelを更新しました。

# yum -y update kernel

そうしましたところ、今までは出力されていた samba のログが出力されなくなってしまいました。
sambaのログは syslog-ng で /var/log/smbd.log に出力していました。

同様の現象が発生した方、また解決策等お持ちの方がいらっしゃいましたらコメントをいただけると幸いです。

samba, syslog-ng のVersionはそれぞれ以下の通りです。
# rpm -qi samba
Name : samba
Epoch : 0
Version : 4.1.1
Release : 38.el7_0
Architecture: x86_64

# rpm -qi syslog-ng
Name : syslog-ng
Version : 3.5.5
Release : 1.el7
Architecture: x86_64

※参考URL
https://www.linuxos.pro/updating-centos-7-for-cve-2016-0728/
https://access.redhat.com/security/cve/cve-2016-0728
記事編集 編集
Re: CVE-2016-0728 について このメッセージに返信する
日時: 2016/02/10(Wed) 18:12
名前: SAMBA
URL:
本件、自己解決いたしました。

原因は kernel の Verup に伴い、systemd もバージョンアップされ、
それによって jounald のForwardToSyslog の初期値がYes→Noに変更
されたためのようです。

/etc/systemd/journald.conf 中の該当項目をYesにして再起動したところ
従来どおりログが出力されるようになりました。

お騒がせいたしました。
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -