このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/04/30(Thu) 22:17
名前: CentOS初心者
URL:
お世話になります。

Mailmanの配送エラー時の設定について、教えてください。

【質問内容】
・メーリングリストに存在しないメールアドレスを登録して、
 メーリングリストにメールを送った場合、
 不達のエラーメールが送信者にもメーリングリストの管理者にも届きません。
どのように設定すれば、良いのでしょうか。

・以下のようにMailman配送エラー処理を設定しましたがうまくいきませんでした。
 はい:Mailman にエラーメールの自動処理をさせますか?
 はい:配送エラー自動検出で検知できなかったエラーメールをリスト管理者宛に送りますか? はいを推奨します。
 はい:エラー通知のため配送を停止する場合, リスト管理者に通知しますか?

【環境】
・OS:CentOS 6.4
・MailMan:3:2.1.12-18.el6
・postfix:2:2.6.6-6.el6_5


調べるにあたり、必要な情報がありましたらご教授願います。

以上、よろしくお願いします。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 09:07
名前: CentOS初心者
URL:
朝青龍さん、回答ありがとうございます。

私の作成したメールサーバですが、
Return-Pathのアドレスが入っていませんでした。
そのため、不達になったメールが届いていないようです。

メールサーバの設定を確認してみます。

以上です。


>僕もメールのことは詳しくないので間違ったことを書くかもそれませんが、
>
>> 不達のエラーメールが送信者にもメーリングリストの管理者にも届きません。
>>どのように設定すれば、良いのでしょうか。
>
>基本的に不達メール(bounce mail)は相手方のメールサーバーが出すメールです。
>(もちろんローカルのメール配信なら自分自身が出す場合もある)
>で、どこへ向けて出すかというと、メールヘッダーのReturn-Pathに書かれているアドレスに出します。
>だからまず、メールヘッダーのReturn-Pathに戻るべきアドレスが入っているかどうか
>チェックするといいかも。Return-Pathが間違ってるとbounce mailも不達になりますから
>最終的には消去されてしまいます。
>
>また、bounce mailは相手方が出すもので必ず出してくれるとは限らないです。
>bounce mailを利用したスパムを発信する業者がいるので、bounceしない設定にしている
>ところもあります。
>
>またMailmanは使ったことが無いので知らない(調べる気もない)ですけど、
>> はい:Mailman にエラーメールの自動処理をさせますか?
>> はい:配送エラー自動検出で検知できなかったエラーメールをリスト管理者宛に送りますか? はいを推奨します。
>> はい:エラー通知のため配送を停止する場合, リスト管理者に通知しますか?
>のような設定は、おそらく、bounceしてきたメールをきっかけに何らかの処理をするという
>設定であってそもそもbounceしてこないメールに対しては無力かと。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 09:20
名前: CentOS初心者
URL:
ZEDさん、回答ありがとうございます。

>logs/bounceには何か情報ありますか?
上記の情報は、以下のように表示されていました。

May 02 08:27:17 2015 (1584) <OutgoingRunner at 139854031076672> processing 1 queued bounces
May 02 08:27:19 2015 (1584) hokuji02: testtesttest@xxx.co.jp current bounce score: 2.0

>エラー通知の相手は自鯖内でしょうか?管理者を外部鯖で設定しても同じでしょうか?
上記の設定も試しましたが、同じように不達メールが届きませんでした。

おそらくですが、postfixの設定に問題がありそうですので、
調べてみます。

ありがとうございました。


>BOUNCEは自鯖から出される場合もありますね。
>
>
>logs/bounceには何か情報ありますか?
>エラー通知の相手は自鯖内でしょうか?管理者を外部鯖で設定しても同じでしょうか?
>
>これで、問題の切り分けが出来そうな気がします。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 10:08
名前: CentOS初心者
URL:
お世話になります。

メーリングリストから自分の携帯に送られてくるメールの宛先が、
xxx-bounce@xxx.co.jpになってしまうのですが、
原因についてわかりませんでしょうか。

Mailmanの不達メールについても、まだ調査中です。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 11:08
名前: 朝青龍
URL:
ZEDさんコメントありがとうございます。

それと、Return-Pathについてですが僕の認識が間違ってるようです。すみません。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1823149.html のNo.3を読むと(これが正しいと仮定して)
bounceはReturn-Pathを見てエラーメールを送り返す訳じゃないようです。(僕は勝手にそう思ってましたw)
bounceするサーバ(ZEDさんご指摘のように自サーバーの場合もあり)がEnvelopeFrom(これはメール
ヘッダーに現れない)からReturn-Pathを生成してbounceするようです。
従って送信時はReturn-Pathにアドレスが無いというのもありのようです。
混乱させてすみません。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 11:44
名前: CentOS初心者
URL:
>ZEDさんコメントありがとうございます。
>
>それと、Return-Pathについてですが僕の認識が間違ってるようです。すみません。
>http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1823149.html のNo.3を読むと(これが正しいと仮定して)
>bounceはReturn-Pathを見てエラーメールを送り返す訳じゃないようです。(僕は勝手にそう思ってましたw)
>bounceするサーバ(ZEDさんご指摘のように自サーバーの場合もあり)がEnvelopeFrom(これはメール
>ヘッダーに現れない)からReturn-Pathを生成してbounceするようです。
>従って送信時はReturn-Pathにアドレスが無いというのもありのようです。
>混乱させてすみません。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 11:55
名前: CentOS初心者
URL:
朝青龍さん、回答ありがとうございます。

Return-Pathの件、ありがとうございます。

まだ、原因は解決できておりませんが、
おそらく、postfixに問題がありそうです。

理由としまして、centos上で不達メールを
ローカルドメインに送った場合も、
受信できていないからです。

そのため、現在調査中です。

postfixの不達メール時の設定について、
分かることがありましたら、教えてください。

以上です。



>ZEDさんコメントありがとうございます。
>
>それと、Return-Pathについてですが僕の認識が間違ってるようです。すみません。
>http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1823149.html のNo.3を読むと(これが正しいと仮定して)
>bounceはReturn-Pathを見てエラーメールを送り返す訳じゃないようです。(僕は勝手にそう思ってましたw)
>bounceするサーバ(ZEDさんご指摘のように自サーバーの場合もあり)がEnvelopeFrom(これはメール
>ヘッダーに現れない)からReturn-Pathを生成してbounceするようです。
>従って送信時はReturn-Pathにアドレスが無いというのもありのようです。
>混乱させてすみません。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/02(Sat) 18:05
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
以下は当てずっぽうです

デフォルトで
unknown_address_reject_code = 450
unknown_client_reject_code = 450
になってるとエラーメセージをだして再送されるのでは?

postqueue -p
でキューにメイルがたまっているか確かめてみる
bounceになっているか
deferredになっているか
deferredになっているとbounce_queue_lifetime を超えないと送信元にエラーメールを送信しないのでは?
bounceメールは送信元が不確かだとデフォルトではpostmasterにエラーメールを送るんじゃないの?
/etc/aliasesで
postmaster: root
#root: marc
のままだと/var/spool/mail/rootにたまるのでは?
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/07(Thu) 08:45
名前: CentOS初心者
URL:
strangerさん、回答ありがとうございます。

連絡が遅くなり、申し訳ありません。
下記の内容を確認してみます。

以上です。


>以下は当てずっぽうです
>
>デフォルトで
>unknown_address_reject_code = 450
>unknown_client_reject_code = 450
>になってるとエラーメセージをだして再送されるのでは?
>
>postqueue -p
>でキューにメイルがたまっているか確かめてみる
>bounceになっているか
>deferredになっているか
>deferredになっているとbounce_queue_lifetime を超えないと送信元にエラーメールを送信しないのでは?
>bounceメールは送信元が不確かだとデフォルトではpostmasterにエラーメールを送るんじゃないの?
>/etc/aliasesで
>postmaster: root
>#root: marc
>のままだと/var/spool/mail/rootにたまるのでは?
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/08(Fri) 15:14
名前: CentOS初心者
URL:
strangerさんの方法を実施しましたが、
キューにはメールは溜まっていませんでした。

現状ですが、少しだけ進捗があります。

Mailmanで自動生成されるエイリアスですが、
xxx-bounces@aaa.co.jp xxx-bounces となっていたところを
xxx-bounces@aaa.co.jp [作成済みユーザー]に変更し、
メーリングリストにメールを送信したところ
[作成済みユーザー]のMaildirにエラーメールが保存されました。

どうも、Mailmanの設定に問題があるようですので、
MailManの設定について自分で調べてみます。

回答していただいたみなさんには、大変お世話になりました。

以上です。
記事編集 編集
Re: Mailmanのエラー処理について このメッセージに返信する
日時: 2015/05/14(Thu) 08:46
名前: ZED
URL:
おっと、解決の方向ですね。

たぶん、自鯖外・内で名前が解決できてない予感がします。
なので、そのあたりも要チェックですね。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -