このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

SysVinitとUpstartとsysmtedについて このメッセージに返信する
日時: 2015/01/20(Tue) 06:59
名前: newbie
URL:
はじめまして。

これからLinuxの勉強を始めようと思うのですが,
CentOS 5, 6, 7ではプロセス起動の仕組みがそれぞれ違うようです。

CentOS 5 - SysVinit
CentOS 6 - Upstart
CentOS 7 - systemd

なるべくベーシックな環境で学習をしたいのですが,
CentOS 5は私のPCにインストールするには少し古く,
ドライバの対応面で不安があります。

・CentOS 6/7をSysVinit環境として利用することはできますでしょうか。

・もしUpstart/sysmtedでしか利用できない場合,
SysVinitとの差異で気を付けるのはどのようなことでしょうか。

・RHEL, CentOSと似たLinuxディストリビューションで,
SysVinitを利用するおすすめのディストリビューションはありますでしょうか。


なにとぞ,よろしくお願い申し上げます。
記事編集 編集
Re: SysVinitとUpstartとsysmtedについて このメッセージに返信する
日時: 2015/01/20(Tue) 14:40
名前: 通りすがり
URL:
>ドライバの対応面で不安があります。
CentOS5をVMPlayerかなんかで仮想化して使えばいいんじゃね?
CentOS5も色んなOSが使えるVPSなんかでもいいんじゃない?
月1000円で借りられる。
記事編集 編集
Re: SysVinitとUpstartとsysmtedについて このメッセージに返信する
日時: 2015/01/20(Tue) 17:34
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
CentOS5はそろそろサポート切れ
CentOS6はあと4年くらい
CentOS7はあと10年サポートされるかな
3年も経てば CentOS8 も出てくるだろう
これから主流になるものを学習しないと
メンテ要員になっちまうぞ
自分の趣味なら、どうでもいいけどね

CentOS7で仮想環境をつくって
CentOS5でも6でも起動させて、一緒に学習しちゃうてもあります
記事編集 編集
Re: SysVinitとUpstartとsysmtedについて このメッセージに返信する
日時: 2015/01/20(Tue) 17:53
名前: 通りすがり
URL:
>これから主流になるものを学習しないと

本当これ!!
4台サーバー入れ替えて一安心していたら、
一年も立たないうちにgoogleがtlsのアルゴリズム導入の記事。
CentOS5の価値が一気になくなったし、気持ちもさめたよ。
今度はCentOS7でいれかえないといけない。
ipv6,ssl,CentOS7を勉強中です。
記事編集 編集
Re: SysVinitとUpstartとsysmtedについて このメッセージに返信する
日時: 2015/01/21(Wed) 07:48
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
systemdとkernel-cgroupの制御はこうなるらしい
仮想環境コンテナ(仮想マシンではない)
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Linux_kernel_unified_hierarchy_cgroups_and_systemd.svg
誰かが画期的なシステムを開発すれば、また別のものになるかもしれない

もとの話
debianもubuntuもsystemdを採用するようなので
知名度のあるディストリビューションはsystemdになるようです
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -