このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

bindのchroot化ができない このメッセージに返信する
日時: 2013/01/24(Thu) 15:07
名前: Boltzmann
URL:
みなさまこんにちは。

http://centossrv.com/bind.shtml
を参考にしながら、bind-chroot-adminを作ってbindのchroot化をしようとしたところ

/bin/cp: `/etc/rndc.key' と `/var/named/chroot/etc/rndc.key' は同じファイルです
chown: cannot access `/var/named/chroot/var/named/dynamic': そのようなファイルやディレクトリはありません

とエラーを吐きました。

環境は
CentOS5.8
bind 30:9.3.6-20.P1.el5_8.6
bind-chroot 30:9.3.6-20.P1.el5_8.6
です。

過去のトピックを検索したところ すすむっちさん の以下の質問
http://centossrv.com/bbshtml/webpatio/2311.shtml
が見つかりました。そこではstrangerさんが

>CentOS 5.7
>bind-9.3.6-16.P1.el5_7.1.i386では
>bind-chrootをインストールするときに
>bindに含まれる
>/usr/sbin/bind-chroot-admin
>を実行してchroot環境を整えると思うけど?

と回答されていました。

と、いうことは、わざわざbind-chroot-adminを自前で用意する必要はないということですか?

しかし
/usr/sbin/bind-chroot-admin
を実行しても
/var/named/chroot/etc/ 内に
にname.confファイルができていないのですが、
name.confファイルは自力でコピーしてくる必要があるのでしょうか?

よろしくお願い致します。
記事編集 編集
Re: bindのchroot化ができない このメッセージに返信する
日時: 2013/01/24(Thu) 15:53
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
bind-chroot-adminはbind-9.3.6-20.P1.el5_8.6に含まれ
/usr/sbinにインストールされます
bind-chroot-9.3.6-20.P1.el5_8.6のインストール時に
下記のスクリプトが実行されます

postinstall scriptlet (using /bin/sh):
if [ "$1" -gt 0 ]; then
/usr/sbin/bind-chroot-admin --enable > /dev/null 2>&1;
fi;
:;
preuninstall scriptlet (using /bin/sh):
if [ "$1" -eq 0 ]; then
/usr/sbin/bind-chroot-admin --disable > /dev/null 2>&1;
fi
:;
posttrans scriptlet (using /bin/sh):
if [ -x /usr/sbin/selinuxenabled ] && /usr/sbin/selinuxenabled && \
[ -x /sbin/restorecon ]; then
/sbin/restorecon /var/named/chroot/dev/* > /dev/null 2>&1;
fi;
:;

既にインストールされているパッケージは
rpm -q --scripts bind-chroot
rpm -q --scripts bind
でインストール時・アンインストール時に実行されるスクリプトがわかります

/usr/share/doc/bind-9.3.6/sample/etcにサンプルがありますが
bind-9.3.6-20.P1.el5_8.6のインストール時にコピーされることはないのかな?
インストール時に/etcに存在しないのなら、コピーするしかないかも?
記事編集 編集
Re: bindのchroot化ができない このメッセージに返信する
日時: 2013/01/24(Thu) 18:41
名前: ゆりこ
URL:
>name.confファイルは自力でコピーしてくる必要があるのでしょうか?

よく覚えてませんが、以前のバージョンでは
caching-nameserverというパッケージがあり、
それをインストールしてあると、
named.caching-nameserver.conf という設定ファイルが出来ていました。
それをコピーしてnamed.confの原型にしていたと記憶しています。
(最近朝食に何を食べたか思い出すのに時間がかかる・・・)
記事編集 編集
Re: bindのchroot化ができない このメッセージに返信する
日時: 2013/01/24(Thu) 21:22
名前: くりくり
URL:
cashing-nameserverをコピペですね。
bindのnamed.confがFedra7くらいから、なくなったんだっけかな?
いずれにせよ大分前ですね。

# yum install named bind-chroot caching-nameserver
# cp /var/named/chroot/etc/named.caching-nameserver.conf /var/named/chroot/etc/named.conf
# chown root:named /var/named/chroot/etc/named.conf

これでnamed.confができるから,viで編集すればいけますね。
記事編集 編集
Re: bindのchroot化ができない このメッセージに返信する
日時: 2013/01/24(Thu) 22:22
名前: くりくり
URL:
namedではなく
yum install bindでした。失礼
記事編集 編集
Re: bindのchroot化ができない このメッセージに返信する
日時: 2013/01/25(Fri) 18:00
名前: ゆりこ姫
URL:
完全な余談ですが、最近のCentOS6.xだとnamedを起動するとchroot下に設定ファイルが
あるかどうか調べて無いものは自動でマウントするようになっています。
(止めるとアンマウントする)

chroot下にコピーがあっても動きますが、コピーが無くても動くようになってるので
分かってる人は分かってると思いますが、知らないと迷うかも
(詳しくは起動スクリプト(/etc/rc.d/init.d/named)を読むとわかります)
記事編集 編集
сумки Луи Витон このメッセージに返信する
日時: 2013/08/02(Fri) 13:59
名前: 022369
URL: http://louisvuitton.web-box.ru/
I prefer having these kind of runescape gold through sweatpants and additionally small a pair of jeans. My spouse and i bring individuals almost everytime its exceptional external. They might be rather accommodating along with a showstopper. You should purchasing size along. сумки Луи Витон http://louisvuitton.web-box.ru/
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -