このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

Rescueモードのchroot /mnt/sysimage このメッセージに返信する
日時: 2011/05/12 00:14
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんばんは、お世話になります。

別スレッドのコンパイルエラーの件の解消を図るべく試行錯誤
している中でglibcを一旦削除して再インストールしようと
したところ、RPMコマンドを含めた殆どのコマンドが機能
しなくなってしまい、仕方なくRescue Modeから手動で
glibcその他必要なパッケージのインストールを試みている
のですが、Rescue Mode時にchroot /mnt/sysimageを
行おうとすると/bin/shが見つからないと言ってエラーに
なりますが、何か回避策は無いでしょうか。尚、OSバージョン
はCentOS 5.6です。

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
Re: Rescueモードのchroot /mnt/sysimage このメッセージに返信する
日時: 2011/05/12 00:19
名前: おいおい
URL:
あんた、この関係の仕事してんだろ?

しょぼいSEだな〜

よくそれで転職できたもんだわ・・・
記事編集 編集
Re: Rescueモードのchroot /mnt/sysimage このメッセージに返信する
日時: 2011/05/12 01:28
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんばんは、お世話になります。

上記の件、下記手順で自己解決しました。

1.Rescue ModeでOSを起動。その際ネットワーク設定を有効にして置く

2.wgetでhttp://ftp.riken.jpのCentOSのサイトより下記のパッケージ群をダウンロード

glibc、glibc-common、basesystem、tzdata、filesystem、setup

3.下記コマンドで上記パッケージ群をインストール

rpm -ivh --force --root /mnt/sysimage *.rpm

上記手順を実行後chroot /mnt/sysimageを含めて
無事に各種コマンドが再度使用可能になりました。

宜しくお願い致します。

以上

記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -