このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/03 12:01
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんにちは、お世話になります。

掲題の件、先日別スレッドでご助力を戴き、何とかPT2をCentOS 5.6上で
認識させるところまで来たのですが、その次の段階のチャンネルスキャン
アプリの『s2scan』のコンパイルでまた躓いてしまいました。(;_;)

一応巷のサイトの情報の通りに/root/dvb_apps_0.8.1/cmdsで

make clean
make

を実行すると下記のエラーが出ます。

[root@server cmds]# make
cc nitdump.c section.c pat.c pmt.c eit.c nit.c sdt.c tot.c nitscan.h -o nitdump
cc dumpts.c -o dumpts
cc s2scan.c arib_b24_str.c -o s2scan
s2scan.c: In function ‘make_output’:
s2scan.c:157: error: ‘SYS_ISDBS’ undeclared (first use in this function)
s2scan.c:157: error: (Each undeclared identifier is reported only once
s2scan.c:157: error: for each function it appears in.)
s2scan.c:157: error: ‘SYS_ISDBT’ undeclared (first use in this function)
s2scan.c: In function ‘main’:
s2scan.c:191: error: 配列の型が不完全要素型を持っています
s2scan.c:192: error: storage size of ‘feprops’ isn’t known
s2scan.c:294: error: ‘DTV_VOLTAGE’ undeclared (first use in this function)
s2scan.c:297: error: ‘FE_SET_PROPERTY’ undeclared (first use in this function)
s2scan.c:304: error: ‘DTV_FREQUENCY’ undeclared (first use in this function)
s2scan.c:309: error: ‘DTV_TUNE’ undeclared (first use in this function)
make: *** [s2scan] エラー 1

『配列の型が〜』のエラーから下記を実行してみますと今度は次のエラーが出ます。

make CC=gcc34

[root@server cmds]# make CC=gcc34
gcc34 nitdump.c section.c pat.c pmt.c eit.c nit.c sdt.c tot.c nitscan.h -o nitdump
gcc34 dumpts.c -o dumpts
gcc34 s2scan.c arib_b24_str.c -o s2scan
s2scan.c: In function `make_output':
s2scan.c:157: error: `SYS_ISDBS' undeclared (first use in this function)
s2scan.c:157: error: (Each undeclared identifier is reported only once
s2scan.c:157: error: for each function it appears in.)
s2scan.c:157: error: `SYS_ISDBT' undeclared (first use in this function)
s2scan.c: In function `main':
s2scan.c:191: error: storage size of 'tvp' isn't known
s2scan.c:192: error: storage size of 'feprops' isn't known
s2scan.c:294: error: `DTV_VOLTAGE' undeclared (first use in this function)
s2scan.c:297: error: `FE_SET_PROPERTY' undeclared (first use in this function)
s2scan.c:304: error: `DTV_FREQUENCY' undeclared (first use in this function)
s2scan.c:309: error: `DTV_TUNE' undeclared (first use in this function)
make: *** [s2scan] エラー 1

どなたか解決法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授の程宜しくお願い致します。

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/05 22:46
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんばんは、お世話になります。

上記の件、あれから切り分けの為に検証用に別マシンに入れている
下記環境のRHEL 6(64bit版)ではすんなりコンパイルが出来ました。
やはりカーネルバージョンの違いが影響しているのでしょうか。

[root@server64 ~]# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 6.0 (Santiago)
[root@server64 ~]# uname -r -m
2.6.32-71.7.1.el6.x86_64 x86_64
[root@server64 ~]# rpm -qa | grep kernel
abrt-addon-kerneloops-1.1.13-4.el6.x86_64
kernel-headers-2.6.32-71.7.1.el6.x86_64
kernel-2.6.32-71.7.1.el6.x86_64
kernel-doc-2.6.32-71.7.1.el6.noarch
kernel-2.6.32-71.el6.x86_64
dracut-kernel-004-33.el6_0.noarch
kernel-firmware-2.6.32-71.7.1.el6.noarch
kernel-devel-2.6.32-71.7.1.el6.x86_64
[root@server64 ~]# gcc --version
gcc (GCC) 4.4.4 20100726 (Red Hat 4.4.4-13)
Copyright (C) 2010 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions. There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/06 06:44
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
/usr/include/linux/dvb/*.h
が必要とreadmeに書いてあったので調べた

CentOS5.6のkernel-headersの
/usr/include/linux/dvb/frontend.h
に必要な宣言がないと思う

入れ替えれば使えるかは、また別の話のように思う
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/06 21:24
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんばんは、お世話になります。

strangerさん>
レスを有難うございます。

ご指摘いただいた点、何となくは分かるのですがどうも今一つピンと来ないので、
もう少し具体的に例えば、『ここを修正すれば良いのでは』といったポイントが
あればご教授頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/06 22:10
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
makeに成功したRHEL6の
/usr/include/linux/dvb/frontend.h

とmakeに失敗したCentOS5.6の
/usr/include/linux/dvb/frontend.h

を比べてみたら
kernel-headersがインストールされていれば
/usr/include/linux/dvb/frontend.hが存在すると思う

記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/07 11:09
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
おはようございます、お世話になります。

strangerさん>
度々のレスを有難うございます。

ご指摘頂いた通り、双方のfrontend.hをdiffで比較してみましたが、
結果を見てもちんぷんかんぷんだったので、最終的にRHEL 6の方の
frontend.hをCentOS 5.6の方に移植したら何とかコンパイル出来ました。(^o^)
無論、有事に備えてCentOS 5.6の方のfrontend.hのバックアップを
取っていることは言うまでもありませんが・・・。(^^;)

これにて本スレッドを解決済みとさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/07 14:05
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
s2scanが実際に使えるかは、kernelによるのでは?
frontend.hを入れ替えてコンパイルできても使えるかは別だと思う
とことんするなら、
RHEL6のkernelソースからCentOS5.6のkernelを作ってしまった方が
早いのでは?
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/07 16:15
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんにちは、お世話になります。

strangerさん>
ご意見有難うございます。

あれからs2scanを動かしてみていますが、今のところ問題無く
使用出来ているようです。

確かにRHEL 6のソースからCentOS 5.6のカーネルを作成出来れば
理想なんですが、生憎現在まだRHEL 6のサポートに未加入で
新しいソースのダウンロードが出来ない状態なので・・・。(^^;)
何せサポートの金額が1年間9万円近くするのでおいそれとは
加入できない状況です・・・。(;_;)

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/07 19:25
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
ソースを公開するのがlinuxの流儀
それでなければCentOSもありえない

http://mirrors.kernel.org/redhat/redhat/linux/enterprise/6Client/en/os/SRPMS/
記事編集 編集
Re: アースソフトPT2用アプリ『s2scan』がコンパイル不可 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/07 20:53
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんばんは、お世話になります。

strangerさん>
アドバイス有難うございます。

早速教えて頂いたサイトから最新のRHEL 6向けのカーネルをダウンロードし、
CentOS 5.6上でリビルドを試みたところ、下記のように怒られて出来ませんでした。(;_;)

[root@server SPECS]# rpmbuild -bp --target=`uname -m` kernel.spec
ビルド対象プラットフォーム: i686
ターゲット i686 用にビルド中
エラー: ビルド依存性の失敗:
rpm-build >= 4.8.0-7 は kernel-2.6.32-71.24.1.el6.i686 に必要とされています
[root@server SPECS]# rpm -q rpm-build
rpm-build-4.4.2.3-22.el5

rpm-buildのソースを探しましたが、巷のフリーのサイトにはどこにも転がっていない
ようですので、この方法はどうも万事休すのようです・・・。(;_;)

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -