このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

Cron Daemonのワーリング このメッセージに返信する
日時: 2010/04/21 08:53
名前: ルパン
URL:
いつも、下記のメールが届きます。
対処方法を教えてください。
よろしくお願いします。

/etc/cron.daily/clamscan:

WARNING: Clamd was NOT notified: Can't connect to clamd through /tmp/clamd.socket
connect(): No such file or directory
/etc/cron.daily/freshclam:

WARNING: Ignoring deprecated option --log-verbose
記事編集 編集
Re: Cron Daemonのワーリング このメッセージに返信する
日時: 2010/04/21 12:03
名前: ウルグ
URL:
clamavをインストールしたまま停止してるんじゃないの?
削除すれば治りますよ〜っと
記事編集 編集
Re: Cron Daemonのワーリング このメッセージに返信する
日時: 2010/04/21 14:08
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
>clamavをインストールしたまま停止してるんじゃないの?
>削除すれば治りますよ〜っと

/etc/freshclam.confで
NotifyClamd /etc/clamd.conf
と設定されている場合
freshclam はウイルス定義のパターンファイルを更新した後、clamd にその旨を通知しようとします
しかしclamdが起動していない場合は、通知できず上記のエラーが出るようです

clamdデーモンを起動させない場合は、上記の設定を無効にします
#NotifyClamd /etc/clamd.conf

もし clamdデーモンが起動していてエラーがでる場合は /tmp/clamd.sockが存在するか確認します
clamdが起動していてsockファイルが存在しない場合

/etc/clamd.confで
LocalSocket /tmp/clamd.sock
#TCPSocket 3310
になっているか確認します

dagさんのclamd-0.96-1.el5.rf.i386.rpmの場合ですけど

sendmailやpostfixでclamavを使う設定に合わせて、
/etc/clamd.confを修正してみたらどうでしょう

#LocalSocket /tmp/clamd.sock

LocalSocket /var/run/clamav/clamd.sock

TCPSocket 3310

#TCPSocket 3310

修正後
/etc/rc.d/init.d/clamd restart

/etc/rc.d/init.d/clamdも修正しておいた方が良いかも?
stopのときに/var/run/clamav/clamd.socketを削除
(rm -f なのでファイルがなくてもエラーにならない)

一部抜粋
stop)
echo -n "Stopping Clam AntiVirus Daemon: "
killproc clamd
# rm -f /var/clamav/clamd.socket
rm -f /var/run/clamav/clamd.socket
rm -f /var/run/clamav/clamav.pid
RETVAL=$?
echo

clamdについては、スキルがないので自分のサイトでは公開していません
ベストの設定とは思えませんので参考程度と考えてください
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -