このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

ntpサーバによるメール送信失敗 このメッセージに返信する
日時: 2009/11/25 22:18
名前: はっしー
URL:
いつもお世話になります。

下記スレで、sendmailがpopサーバに送信出来ない問題が解決したと思った矢先、ntpサーバを構築後、再度送信が出来なくなりました。muaから送信したメールが、/home/test2/Maildir/new/配下に滞留し、popサーバであるBlackJumboDogに転送されない現象の再発です。maillogにも問題は見られません。

http://centossrv.com/patio/patio.cgi?mode=view&no=1544

下記のhistory履歴で、メール可能時とメール不可時の間に、実施した内容を記します。

-----*ここより前はメール送受信可能*-------
1002 yum list installed |grep ntp
1003 vi /etc/ntp.conf
1004 date
1005 date 1121194509
1006 date 1125210809
1007 date 1121194509
1008 ntpdate ntp.nict.jp
1009 /etc/rc.d/init.d/ntpd start
1010 chkconfig ntpd on
1011 chkconfig --list |grep ntpd
1012 ntpq -p
------※これより後はメール送受信できない*----

現在、時刻の同期中で下記の状態になっています。

[root@centos taiki]# ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
203.141.148.250 210.173.160.27 3 u 9 128 377 21.845 425793. 129725.
ntp.kiba.net 196.237.83.59 3 u 2 128 377 9.569 377741. 154400.
ntp-b2.nict.go. .NICT. 1 u 4 128 377 4.527 341157. 179596.
ntp3.jst.mfeed. 133.243.236.18 2 u 5 128 377 4.025 467855. 125957.
*LOCAL(0) .LOCL. 10 l 1 64 377 0.000 0.000 0.001

実施した作業からすると、ntpが起因としか考えられませんが、時刻の同期中にメールが
失敗するといった事例は有りますか?

お手数ですが、宜しくお願い致します。
記事編集 編集
Re: ntpサーバによるメール送信失敗 このメッセージに返信する
日時: 2009/11/26 08:50
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
>現在、時刻の同期中で下記の状態になっています。
>
>[root@centos taiki]# ntpq -p
> remote refid st t when poll reach delay offset jitter
>==============================================================================
> 203.141.148.250 210.173.160.27 3 u 9 128 377 21.845 425793. 129725.
> ntp.kiba.net 196.237.83.59 3 u 2 128 377 9.569 377741. 154400.
> ntp-b2.nict.go. .NICT. 1 u 4 128 377 4.527 341157. 179596.
> ntp3.jst.mfeed. 133.243.236.18 2 u 5 128 377 4.025 467855. 125957.
>*LOCAL(0) .LOCL. 10 l 1 64 377 0.000 0.000 0.001
>
ntp起動後、どのくらいたっているかわからないけど
offset jitterの値が大きすぎ
上位のntpサーバに同期していないで、マシンの時刻に同期しているようです
(* がLOCALに付いている)

dateコマンドで失敗していませんか
ntpdate ntp.nict.jp を実行しているので、時刻は訂正されていると思うけど
dateコマンドで時刻を確認してみてください

1000秒以上の差があると/etc/rc.d/init.d/ntpd startで
同期できなくなります

sendmailのファイルの作成日時が マシンの時刻より新しい状態になっていると
エラーになるケース(昔、CentOSのインストール時に)があった

echo "210.173.160.87" >> /etc/ntp/step-tickers
でstep-tickersを作成しておくと
/etc/rc.d/init.d/ntpd startのときにntpdスクリプトが
step-tickersを読み込んでntpdateを実行するようになっています
(サーバを再起動したときに便利)

ntpサーバのアドレス
ntp3.jst.mfeed.ad.jp (210.173.160.87)

蛇足
CMOSクロックとソフトウェアクロックは常時同期していないので
たまに書き込むようにしてあげると良い
CentOSの場合は 起動時にCMOSクロックを読み込み
終了時にCMOSクロックに書き込むようになっています 

ntpの詳しい説明 ntp-chrootなどわたしも参考にさせていただいています
http://www.asahi-net.or.jp/~aa4t-nngk/ntpd.html
記事編集 編集
Re: ntpサーバによるメール送信失敗 このメッセージに返信する
日時: 2009/11/27 22:32
名前: はっしー
URL:
有難うございます。Dateコマンドで確認した結果は時刻の誤差はさほどありませんでした。
もう一度サーバ構築し直します・・・(;_;)
記事編集 編集
モンブラン このメッセージに返信する
日時: 2013/06/14(Fri) 00:31
名前: 460288
URL: http://2st.jp/montblanc/
万年筆・水性ボールペン・ローラーボール・ファインライナーと、モンブラン社の筆記用具にも種類があります。
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -