このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

Postfix: 受信済みのメッセージを削除しない このメッセージに返信する
日時: 2009/05/31 20:26
名前: もんちっちー
URL:
CentOS 5.3:
MTA として Postfix を使用しています。
通常 MUA には「受信したメールは削除する」などの設定があります。RFC などの規格を見ていないので、MUA からの何に対して MTA が該当メッセージを削除しているのか存じませんが、とにかく、MUA から何が送られてきても MTA が一切メッセージを削除しない設定にしたいです。結果として、MTA がどんなエラーを返すか、それに対して MUA がどんな挙動をするかはこの際どうでもよいです。所期の目的を強引にでも達成する方法を教えてください。
記事編集 編集
Re: Postfix: 受信済みのメッセージを削除しない このメッセージに返信する
日時: 2009/05/31 22:03
名前: ZED
URL:

MUA MTA などの略号を使われているので閃いてるかと思いますが、

imapの設定だとしたら、
受信したメールをオーナー、パーミッションを変えてしまえば良いのでは?と思うのですが・・・

ただ、これに伴う不具合は多いと思いますけど・・・
記事編集 編集
Re: Postfix: 受信済みのメッセージを削除しない このメッセージに返信する
日時: 2009/06/01 20:06
名前: もんちっちー
URL:
ありがとうございます。
実は、IMAP は使っていないのです。
記事編集 編集
Re: Postfix: 受信済みのメッセージを削除しない このメッセージに返信する
日時: 2009/06/02 03:11
名前: 通りすがり
URL:
IMAPを利用していないということで
POP3だと仮定すると
通常受信した際に、MUAからDELEコマンドが送られています
この動作自体を変更する事はできませんので
POP3側でDELEコマンドを無視するようにソースに手を加えてから
コンパイルしてしまうか、パーミッションを変更して
削除ができなくなるのかを試すくらいですかね。

軽く検索したところ
DELEコマンドについては
RFC1939に出ていますね
http://jbpe.tripod.com/rfcj/rfc1939.j.sjis.txt
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -