このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

メールのカーボンコピーについて このメッセージに返信する
日時: 2009/01/30 09:27
名前: うり坊
URL:
こんにちは!

現在当方で、
19.独自のメールアドレスをつくる(Postfix編)
 メールサーバー構築(Postfix+Dovecot)CentOS4/CentOS5
 メールサーバー間通信内容暗号化(OpenSSL+Postfix+Dovecot)CentOS4/CentOS5
 taRgreyによるスパム対策(taRgrey)CentOS5
 メールサーバーでウィルス&スパムチェック(Postfix+Clam AntiVirus+SpamAssassin)CentOS4/CentOS5
まで構築送受信とも問題は発生していません。

現在、情報漏洩防止の観点から、カーボンコピー(BCC)の一定期間保存を検討しています。
この場合、postfixのallways_bccで実行は可能なのですが、これを行うとエラーメールを返した際、BCCアドレスまで露出してしまう事になります。
そこで、もし妙案があったら教えていただきたいのですが・・・

よろしくおねがいします。
記事編集 編集
Re: メールのカーボンコピーについて このメッセージに返信する
日時: 2009/01/30 09:31
名前: 墓森 伊作
URL:
単に一つの案ですが、エラー メールにサーバ側でフィルタをかけてはどうですか。
記事編集 編集
Re: メールのカーボンコピーについて このメッセージに返信する
日時: 2009/01/30 09:57
名前: うり坊
URL:
ありがとうございます。

>単に一つの案ですが、エラー メールにサーバ側でフィルタをかけてはどうですか。

私も、はじめはそれを考えたのですが、
ユーザー不在・容量オーバー等のエラーメールはちゃんと返すべきと考えておりまして、
これは考えておりませんでした。

すいませんが、また、妙案があったらお知らせください〜!
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -