このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

postfix 同一の宛先に送信しているのに成功と失敗する場合がある このメッセージに返信する
日時: 2012/07/26(Thu) 14:32
名前: ワタナベ
URL:
phpからメールを送信すると、
同一の宛先なのに送信が成功する場合と失敗する場合があります。

maillog で、

・成功する場合
to=<hogehoge@domain.com>, relay=domain.com[00.00.00.00]:25, delay=1.5, delays=0.21/0.03/1.2/0.04, dsn=2.0.0, status=sent (250 2.0.0 q6Q4qijf087526 Message accepted for delivery)

・失敗する場合
to=<hogehoge@domain.com>, relay=none, delay=0.06, delays=0.05/0.01/0/0, dsn=4.4.1, status=deferred (delivery temporarily suspended: connect to domain.com[00.00.00.00]: Connection timed out)


上記のように、relayがされる場合は成功し、されない場合は失敗します。

なぜ、この様な動作の違いが発生するのでしょうか。
また、解決策をご教示頂ければ幸いです。

宜しく御願い致します。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

Re: postfix 同一の宛先に送信しているのに成功と失敗する場合がある このメッセージに返信する
日時: 2012/08/02(Thu) 01:50
名前: ペングイン
URL: http://blog.trippyboy.com
ワタナベさん

うまく送信が完了しないときのログを見てみましょう。

1:dsn=4.4.1

dsn=4.4.1 の「dsn」ですが、これはDelivery Status Notificationsの頭文字をとり
DSNと省略されています。

次に「4.4.1」ですが、この数字から理由がわかるようになっています。

RFC1893に詳しく記載がされております。
# 「RFC」とは?
# http://e-words.jp/w/RFC.html

RFC1893の内容は英語で誰もが参照できるように公開されております。
MicrosoftのサポートページにてRFC1893の抜粋が日本語で記載されておりました。

# [Microsoftサポート] 配信に関するステータス コードの拡張 (RFC 1893)
# http://support.microsoft.com/kb/256321/ja

内容を一部抜粋いたします。

1桁目:
 4.X.X 一時的なエラーが繰り返し発生する

2桁目および3桁目:
 X.4.1 ホストから応答がない


以上から、「dns=4.4.1」とは

『ホストから応答がない』という『一時的なエラーが繰り返し発生』している
ことをあらわしております。


-- ここまでを踏まえたうえで、ログの続きを見てみます。

2:status=deferred (delivery temporarily suspended: connect to domain.com[00.00.00.00]: Connection timed out)

状態=延期された (配送は一時的に停止されています: domain.com[00.00.00.00]への接続: 接続タイムアウト)


----

以上、原因は構築されたPostfixにはなく、配送先のメールサーバが一時的に
応答できていないためにメール配送が出来ないときがあるということがわかります。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -