Javaアプリケーションサーバー構築(Tomcat8)

最終更新日: 2017.05.24

<<トップページ <<新着情報 <<逆引き集 <<リンク集 <<サイト内検索 <<メルマガ <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

TomcatでJavaアプリケーションサーバーを構築する。

Webサーバーが構築済であること


■JDKインストール

(1)JDKダウンロード
Java SE DownloadsのサイトからJDKのRPMをダウンロードし、WinSCPでサーバーへアップロードする。

(2)JDKインストール
[root@centos ~]# rpm -ivh jdk-8u131-linux-x64.rpm ← JDKインストール

[root@centos ~]# rm -f jdk-8u131-linux-x64.rpm ← ダウンロードしたファイルを削除

[root@centos ~]# java -version ← JDKバージョン確認(JDKインストール確認)
java version "1.8.0_131"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_131-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.131-b11, mixed mode)

■Tomcatインストール

[root@centos ~]# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-8/v8.5.14/bin/apache-tomcat-8.5.14.tar.gz ← Tomcatダウンロード
※最新版のURLはダウンロードページで確認すること

[root@centos ~]# tar zxvf apache-tomcat-8.5.14.tar.gz ← Tomcat展開

[root@centos ~]# mv apache-tomcat-8.5.14/ /usr/local/tomcat ← Tomcat展開ディレクトリをリネームして移動

[root@centos ~]# rm -f apache-tomcat-8.5.14.tar.gz ← ダウンロードしたファイルを削除

■Tomcat起動

[root@centos ~]# vi /etc/systemd/system/tomcat.service ← Tomcat起動スクリプト作成
[Unit]
Description=Apache Tomcat Servlet Container
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=forking
EnvironmentFile=/etc/sysconfig/tomcat
ExecStart=/usr/local/tomcat/bin/startup.sh
ExecStop=/usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
KillMode=none

[Install]
WantedBy=multi-user.target

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/tomcat ← Tomcat環境変数設定ファイル作成
export JAVA_HOME=/usr/java/default
export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat

[root@centos ~]# systemctl start tomcat ← Tomcat起動

[root@centos ~]# systemctl enable tomcat ← Tomcat自動起動設定


■Tomcat確認

http://centossrv.com:8080/examples/servlets/にアクセスしてServlet Examples with Codeページが表示されることを確認
http://centossrv.com:8080/examples/jsp/にアクセスしてJSP Samplesページが表示されることを確認

■Apache/Tomcat連携

Apache経由でTomcatへアクセスできるようにする。
http://centossrv.com:8080ではなく、http://tomcat.centossrv.comでTomcatへアクセスできるようにする。

バーチャルホスト設定を参照して、Tomcatサイト(tomcat.centossrv.com)をバーチャルホストとして設定する。
(バーチャルホスト設定条件)
ホスト名 tomcat.centossrv.com
ドキュメントルート /var/www/html/tomcat.centossrv.com

[root@centos ~]# vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost-tomcat.centossrv.com.conf ← バーチャルホスト(tomcat.centossrv.com)設定ファイル編集
<VirtualHost *:80>
・
・
・
    ProxyPass / ajp://localhost:8009/ ← 追加(ローカルのTomcatへアクセスを転送)
    ProxyPassReverse / ajp://localhost:8009/ ← 追加(ローカルのTomcatへアクセスを転送)
</VirtualHost>
※以下はWebサーバー間通信内容暗号化を導入している場合のみ
<VirtualHost *:443>
・
・
・
    ProxyPass / ajp://localhost:8009/ ← 追加(ローカルのTomcatへアクセスを転送)
    ProxyPassReverse / ajp://localhost:8009/ ← 追加(ローカルのTomcatへアクセスを転送)
</VirtualHost>

[root@centos ~]# systemctl reload httpd ← Apache設定反映

http://tomcat.centossrv.com/examples/servlets/にアクセスしてServlet Examples with Codeページが表示されることを確認
http://tomcat.centossrv.com/examples/jsp/にアクセスしてJSP Samplesページが表示されることを確認
https://tomcat.centossrv.com/examples/servlets/にアクセスしてServlet Examples with Codeページが表示されることを確認Webサーバー間通信内容暗号化を導入している場合のみ
https://tomcat.centossrv.com/examples/jsp/にアクセスしてJSP Samplesページが表示されることを確認Webサーバー間通信内容暗号化を導入している場合のみ

■examplesページ削除

[root@centos ~]# rm -rf /usr/local/tomcat/webapps/examples/ ← examplesページ削除

http://tomcat.centossrv.com/examples/にアクセスしてエラーページが表示されることを確認

■Tomcat活用

Tomcat活用例として、グループウェアGroupSessionを導入する。

GroupSessionダウンロードページでgsession.warをダウンロード後、WinSCPでサーバーへアップロードする。

[root@centos ~]# systemctl stop tomcat ← Tomcat停止

[root@centos ~]# mv gsession.war /usr/local/tomcat/webapps/ ← gsession.warを所定のディレクトリへ移動

[root@centos ~]# systemctl start tomcat ← Tomcat起動

http://tomcat.centossrv.com/gsessionにアクセスしてGroupSessionページが表示されることを確認






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします