シンクライアント構築(TFTP+dhcp+Thinstation)

最終更新日: 2016.12.21

<<トップページ <<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

KVMホスト上に作成したWindowsゲストシンクライアント端末から利用する。ここでは、シンクライアントOSのThinstationを端末からネットワーク起動して、自動的にKVMホスト上のWindowsゲストへリモートデスクトップ接続する。
ThinstationはWindowsゲストへリモートデスクトップ接続するための中継役であり、見た目上はシンクライアント端末上で直接Windowsが稼動しているように見える

【シンクライアント構築イメージ】




■TFTPサーバー構築

[root@localhost ~]# yum -y install tftp-server xinetd ← TFTPサーバーインストール

[root@localhost ~]# vi /etc/xinetd.d/tftp ← Xinetd用TFTPサーバー設定ファイル編集
        server_args             = -s /tftpboot ← ブートローダファイル格納先変更
        disable                 = no ← TFTPサーバー有効化
        
[root@localhost ~]# systemctl restart xinetd ← Xinetd再起動(TFTPサーバー起動)※CentOS7の場合
[root@localhost ~]# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart ← Xinetd再起動(TFTPサーバー起動)※CentOS6,5の場合

[root@localhost ~]# mkdir -p /tftpboot/pxelinux.cfg /tftpboot/boot ← PXEブート用設定ファイル格納先ディレクトリ作成

■DHCPサーバー構築

DHCPサーバーを構築

[root@localhost ~]# vi /etc/dhcp/dhcpd.conf ← DHCPサーバー設定ファイル編集
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
        range 192.168.1.3 192.168.1.254;
        option routers 192.168.1.1;
        option domain-name-servers 192.168.1.1;
        next-server 192.168.1.1; ← 追加(TFTPサーバーのIPアドレスを指定)
        filename "pxelinux.0"; ← 追加(ブートローダファイル名)
}

[root@localhost ~]# systemctl restart dhcpd ← DHCPサーバー再起動※CentOS7の場合
[root@localhost ~]# /etc/rc.d/init.d/dhcpd restart ← DHCPサーバー再起動※CentOS6,5の場合

■リモートデスクトップ接続用Thinstation作成

(1)Thinstation作成
EPELリポジトリ導入(EPEL)を参照してEPELリポジトリを導入する※CentOS5の場合のみ

[root@host ~]# yum -y install git ← Gitインストール

[root@host ~]# git clone --depth 1 git://github.com/Thinstation/thinstation.git -b master ← Thinstationダウンロード

[root@host ~]# cd thinstation/ ← Thinstationダウンロード先ディレクトリへ移動

[root@host thinstation]# ./setup-chroot ← セットアップ※ダウンロード後初回のみ(時間がかかる)

[root@host thinstation]# ./setup-chroot -e ← セットアップ※ダウンロード後2回目以降

Press `Q' to quit, `H' for help, and SPACE to scroll.

q ← qキー押下

[root@TS_chroot]/# cd build ← buildディレクトリへ移動

[root@TS_chroot]/ts/5.1# cp conf/rdesktop/build.conf.example . ← リモートデスクトップ接続用build.confをコピー

[root@TS_chroot]/ts/5.1# cp conf/rdesktop/thinstation.conf.buildtime . ← リモートデスクトップ接続用thinstation.conf.buildtimeをコピー

[root@TS_chroot]/build# vi build.conf ← build.conf編集
package xorg7-vesa ← 行頭の#を削除してコメント解除
package xorg7-ati ← 行頭の#を削除してコメント解除
package xorg7-nv ← 行頭の#を削除してコメント解除
package xorg7-openchrome ← 行頭の#を削除してコメント解除
package xorg7-intel ← 行頭の#を削除してコメント解除

#package locale-en_US  # English-US ← 行頭に#を追加してコメントアウト(英語キーボード無効化)
package locale-ja_JP  # Japanese ← 行頭の#を削除してコメント解除(日本語キーボード有効化)

package ts-classic              # The classic ts logic for network/netfiles/hostname/mounting/telnetd/telnet/playcd
 ← 行頭の#を削除してコメント解除

param basepath       .                          # Used to determine path to tftp/scp files ← パスを.に変更

[root@TS_chroot]/build# vi thinstation.conf.buildtime ← thinstation.conf.buildtime編集
#SESSION_0_TYPE=rdesktop ← 行頭に#を追加してコメントアウト(クライアントごとに個別に設定する(後述))

NO_SESSION="poweroff" ← poweroffに変更(セッション切断後即電源断=Windowsログオフ後にシャットダウンする)

NET_FILE_ENABLED=On ← Onに変更(クライアントごと設定ファイル有効化)

NET_FILE_METHOD=tftp ← 追加(クライアントごと設定ファイルはTFTPサーバーより取得)
KEYBOARD_MAP=ja ← 追加(日本語キーボード有効化)
RECONNECT_PROMPT=OFF ← 追加(セッション終了後再接続メニューを表示しない=Windowsログオフ後にシャットダウンする)

[root@TS_chroot]/build# ./build --allmodules ← Thinstation作成
・
・
・
Build Complete!

[root@TS_chroot]/build# exit ← Thinstation作成環境から抜ける
exit

Goodbye.

(2)Thinstationセットアップ
作成したThinstationをネットワーク起動できるようにする

WinSCPでthinstation/ts/build/boot-images/pxe/boot/から
initrd
vmlinuz
をダウンロードして、TFTPサーバーの/tftpboot/bootへアップロードする

WinSCPでthinstation/ts/build/boot-images/pxe/boot/pxelinux/から
pxelinux.0
をダウンロードして、TFTPサーバーの/tftpbootへアップロードする

WinSCPでthinstation/ts/build/boot-images/pxe/boot/pxelinux/pxelinux.cfg/から
default
をダウンロードして、TFTPサーバーの/tftpboot/pxelinux.cfgへアップロードする

(3)Thinstaionクライアントごと個別設定
以下の内容でthinstation.conf-クライアント端末のMACアドレス(例:thinstation.conf-xxxxxxxxxxxxxxxx※英字は小文字で)という名前のファイルを作成する
SESSION_0_TYPE=rdesktop
SESSION_0_RDESKTOP_SERVER=192.168.1.xxx ← WindowsゲストのIPアドレスを指定
SESSION_0_RDESKTOP_OPTIONS="-f -k ja -u '' -r sound:local -x l" ← リモートデスクトップ接続オプション
(フルスクリーン、日本語キーボード使用、ユーザー選択画面表示、サウンドをクライアント端末に出力、LAN接続モード)
SCREEN_RESOLUTION="1024x768" ← 解像度を指定※クライアント端末に合わせる
SCREEN_COLOR_DEPTH="16" ← 色数を指定※クライアント端末に合わせる
X_NUMLOCK=Off ← NUMLOCKを無効※ノートPCでテンキーが起動時に有効になる場合に指定

WinSCPでTFTPサーバーの/tftpbootへ"thinstation.conf-クライアント端末のMACアドレス"をアップロードする

■Thinstation確認

(1)Windowsゲスト側リモートデスクトップ接続許可設定
ゲストへSPICEで接続してWindowsゲスト側でリモートデスクトップ接続を許可しておく

(2)シンクライアント端末ネットワーク起動設定
BIOSの設定でboot順番をPXEが最初になるように設定しておく

(3)シンクライアント端末起動
Thinstationがネットワーク起動された後、Windowsゲストのログオン画面が表示されること




▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします