[戻る]
過去ログ[0001]

過去ログ:
キーワード: 条件: 表示:


[195] 「MySQL用GUI設定ツール導入(phpMyAdmin)」修正 Date:2016-06-18 (土) <URL>
「■phpMyAdmin設定」の「(1)phpMyAdmin設定」で「設定ファイル編集」内のパラメータを修正。
 修正前)$cfg['Lang'] = 'ja-utf-8';
 修正後)$cfg['DefaultLang'] = 'ja-utf-8';

CentOS7版のApache制御コマンドを追記。

「■mcrypt 拡張ロード不可対処」追記。

[192] 「VPNサーバー構築(OpenVPN)」修正 Date:2016-05-01 (日) <URL>
「■OpenVPN設定(サーバー側)」の「(5)OpenVPN設定」に「OpenVPN経由でSambaへのアクセスがエラーになる場合」の設定を追加。

「■OpenVPN設定(クライアント側)」の「(3)OpenVPN設定」に「OpenVPN経由でSambaへのアクセスがエラーになる場合」の設定を追加。

[191] 「DNSサーバー構築(BIND)」修正 Date:2016-03-30 (水) <URL>
CentOS7の場合、各種設定・定義ファイル作成先を以下のとおり変更。

(設定ファイル)
/var/named/chroot/etc/named.conf ⇒ /etc/named.conf

(ゾーン設定ファイル)
/var/named/chroot/etc/named.centossrv.com.zone ⇒ /etc/named/named.centossrv.com.zone
※/etc直下⇒/etc/named配下へ変更となっているので注意。これに合わせてnamed.confのnamed.centossrv.com.zoneへのパスも修正要。

(ゾーン定義ファイル)
/var/named/chroot/var/named/centossrv.com.db ⇒ /var/named/centossrv.com.db

CentOS7では、systemctl start named-chrootを実行することにより、上記設定・定義ファイルが/var/named/chroot配下へ配置されるようになったため、各種設定・定義ファイルを明に/var/named/chroot配下へ作成する必要はなくなった。

[187] 「アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus)」修正 Date:2016-02-04 (木) <URL>
「■Clam AntiVirus設定」に「clamdソケットファイル格納ディレクトリ自動生成設定ファイル作成」を追記
※CentOS7でシステム再起動時にclamdソケットファイル格納ディレクトリが削除されてclamdが起動できない事象に対する対応

[186] 「論理ボリュームサイズ拡大」修正 Date:2016-02-04 (木) <URL>
「■LVサイズ拡大」の「LVサイズ拡大」のコマンドパラメータを修正

[185] 「Apacheアクセスログ解析(AWStats)」修正 Date:2016-02-04 (木) <URL>
「■AWStatsデータベース作成」の「(1)AWStatsデータベース初期作成」でAWStatsデータベース初期作成スクリプト内の過去ログ処理部分を修正
※過去ログが存在しない場合にファイルが存在しない旨のエラーメッセージが出力される事象への対応

[184] 「Subsonic導入(Subsonic)」修正 Date:2016-02-04 (木) <URL>
「■Subsonic設定」の「(2)Subsonic設定」に「音楽フォルダ参照許可設定」を追記
※本設定を行わないと最新のSubsonicでは音楽ファイルを参照できない

[183] 「DNSサーバー構築(BIND)」修正 Date:2016-02-04 (木) <URL>
「■BIND起動」の「(1)BIND起動」にchroot環境のBINDが起動できない事象に対する対処としてBIND起動スクリプト編集を追加

[182] 「バーチャルホスト設定(Apache)」修正 Date:2016-01-15 (金) <URL>
「■Webサーバー設定」の「(2)WebサーバーSSL設定」に「CentOS7の場合」の設定を追記。

掲示板でご指摘頂いたコミナミ様、ありがとうございました。
http://centossrv.com/patio/centossrv.cgi?read=2938

[181] CentOS7でbind-chroot起動不可不具合対処 Date:2015-12-18 (Fri) <URL>
CentOS7のbind-chrootに不具合があり起動できない事象が報告されています。

当サイトで実施した対処を以下に示しますので参考にしてください。

[root@centos ~]# /usr/libexec/setup-named-chroot.sh /var/named/chroot on ← chroot化スクリプト実行

[root@centos ~]# vi /usr/lib/systemd/system/named-chroot.service ← named-chroot起動スクリプト編集
#ExecStartPre=/bin/bash -c 'if [ ! "$DISABLE_ZONE_CHECKING" == "yes" ]; then /usr/sbin/named-checkconf -z /etc/named.conf; else echo "Checking of zone files is disabled"; fi' ← 行頭に#を追加してコメントアウト
ExecStartPre=/bin/bash -c 'if [ ! "$DISABLE_ZONE_CHECKING" == "yes" ]; then /usr/sbin/named-checkconf -t /var/named/chroot -z /etc/named.conf; else echo "Checking of zone files is disabled"; ← 追加

[root@centos ~]# systemctl daemon-reload ← named-chroot起動スクリプト変更反映

[root@centos ~]# systemctl restart named-chroot ← named-chroot再起動

[root@centos ~]# systemctl status named-chroot ← named-chroot起動確認
● named-chroot.service - Berkeley Internet Name Domain (DNS)
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/named-chroot.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since 金 2015-12-18 20:32:53 JST; 4s ago ← "active (running)"を確認
Process: 25337 ExecStart=/usr/sbin/named -u named -t /var/named/chroot $OPTIONS (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 25338 (named)
CGroup: /system.slice/named-chroot.service
mq25338 /usr/sbin/named -u named -t /var/named/chroot -4

[180] 「DNSサーバー構築(BIND)」修正 Date:2015-06-23 (Tue) <URL>
セカンダリネームサーバーサービス「マイハマネット(http://www.maihama-net.com/)」のネームサーバー変更(NS1新設、NS2廃止)に伴い、「■セカンダリネームサーバー登録」、「■セカンダリネームサーバー確認」修正

[177] 「メールサーバー間通信内容暗号化(OpenSSL+Postfix+Dovecot)」追記 Date:2015-03-31 (Tue) <URL>
「■サーバー証明書有効期限延長」を追記

[176] サーバー障害発生及び復旧のご報告 Date:2015-03-08 (Sun)
ここ数日当サイトのサーバーで障害が発生しており、長時間サイトを閲覧できない状態が断続的に発生していました。
原因は、サーバーのハード障害によるもので、ハード交換により復旧しましたことをご報告致します。
当該時間帯に当サイトへアクセスされた型にはご迷惑をお掛けしました。

[175] 「MySQLデータベース自動バックアップ運用(mysqldump)」修正 Date:2014-12-22 (Mon) <URL>
「■バックアップ設定」の「(1)バックアップスクリプト作成」を修正

下記警告メッセージ出力対処

-- Warning: Skipping the data of table mysql.event. Specify the --events option explicitly.

[174] 「Active Directoryメンバーサーバー追加(Winbind)」追加 Date:2014-12-16 (Tue) <URL>
「Active Directoryメンバーサーバー追加(Winbind)」追加

[173] 「Active Directoryドメインコントローラー構築(Samba)」追加 Date:2014-12-13 (Sat) <URL>
「Active Directoryドメインコントローラー構築(Samba)」追加

[172] 「DNSサーバー構築(BIND)」修正 Date:2014-12-10 (Wed) <URL>
セカンダリネームサーバーサービス「マイハマネット(http://www.maihama-net.com/)」のネームサーバー変更(NS3新設、NS1廃止)に伴い、「■セカンダリネームサーバー登録」修正

[171] 「ファイアウォール構築(iptables)」修正 Date:2014-11-04 (Tue) <URL>
「ファイアウォール設定スクリプト」修正
⇒質問掲示板でのstranger様指摘を吸収 http://centossrv.com/patio/centossrv.cgi?read=2813&ukey=0

[170] 「ゲスト作成」更新 Date:2014-11-04 (Tue)
KVMでゲスト作成または起動時に下記エラーメッセージが出力されてゲスト作成または起動ができない事象に対応(SPICE接続時のポートを自動割当てに変更)

エラー: unsupported configuration: Auto allocation of spice TLS port requested but spice TLS is disabled in qemu.conf

http://centossrv.com/kvm-centos7.shtml
http://centossrv.com/kvm-centos6.shtml
http://centossrv.com/kvm-windows7.shtml

[169] CentOS7確認 Date:2014-10-22 (Wed)
Webページパスワード制限(htpasswd) http://centossrv.com/apache-htpasswd.shtml
Webサーバー間通信内容圧縮(mod_deflate) http://centossrv.com/apache-deflate.shtml
バーチャルホスト用アクセスログ解析(AWStats) http://centossrv.com/awstats-virtualhost.shtml
リファラスパム対策 http://centossrv.com/referer_spam.shtml
統合監視システム構築(Nagios) http://centossrv.com/nagios-centos7.shtml
リモートホストサービス監視(Nagios+nrpe) http://centossrv.com/nagios-nrpe-centos7.shtml
性能統計グラフ追加(Nagios+PNP4Nagios) http://centossrv.com/nagios-pnp-centos7.shtml