新着情報

<<トップページへ <<過去の新着情報

  「ログ監視ツール導入(SWATCH)」修正
Date: 2017年02月12 (日)
「■SWATCH運用」を追記。

https://centossrv.com/swatch.shtml


  「メールサーバー構築(Postfix+Dovecot)」変更
Date: 2017-02-02 (木)
「■Postfix設定」に「(4)存在しないユーザー宛メールの破棄」を追記。

https://centossrv.com/postfix.shtml


  「ログ監視ツール導入(SWATCH)」修正
Date: 2017-02-01 (水)
・CentOS7確認
・SWATCHアクションスクリプト改善
(・IPアドレスが抽出できない場合がある不具合を修正
 ・アクセス規制メール件名にホスト名を追加
 ・アクセス規制メール本文が添付ファイルになってしまう不具合を修正
 ・アクセス規制条件を累積3回以上から累積3回ごとに変更
 ・https://centossrv.com/iptables.shtmlのiptables再起動により規制が解除されてしまうことへの対応)

https://centossrv.com/swatch.shtml


  「DNSサーバー構築(BIND)」変更
Date: 2017-01-31 (火)
グローバルIPアドレスの逆引き設定を追記。

「■BIND設定」の「(2)BIND設定」の「外部向けゾーン定義ファイル作成」に逆引き設定を追加。
「■BIND設定」に「(8)外部向け逆引きゾーンデータベース(IPアドレス⇒ドメイン名)作成」を追加。
「■プライマリネームサーバー確認」に「(2)逆引き確認」を追加。

https://centossrv.com/bind.shtml


  「ファイアウォール構築(iptables)」修正
Date: 2017-01-30 (月)
「■iptables設定」の「(1)iptables設定」で、全国警察施設への攻撃元掲載URLを変更。

https://centossrv.com/iptables.shtml


  プロバイダ変更
Date: 2017-01-23 (月)
プロバイダを長年お世話になったASAHI-NETからGMOとくとくBBに変更しました。

https://centossrv.com/gmotokutokubb.shtml


  「遠隔地バックアップ(gdrive)」追加
Date: 2017-01-07 (土)
「遠隔地バックアップ(gdrive)」追加

https://centossrv.com/gdrive.shtml


  「ゲスト環境変更」変更
Date: 2016-09-21 (水)
「■ゲストディスク追加(CentOS)」追加

https://centossrv.com/kvm-env-chg.shtml#disk-add-centos


  「メールサーバーでウィルス&スパムチェック(Postfix+amavisd-new+Clam AntiVirus+SpamAssassin)」修正
Date: 2016-09-14 (水)
メールのウィルスチェックでCPUが高負荷状態となるため、ウィルスチェックを以下のとおり変更。

変更前)
Procmail⇒clamscan

変更後)
amavisd-new⇒clamdscan

https://centossrv.com/postfix-clamav-spamassassin.shtml


  RPMforge削除
Date: 2016-09-05 (月)
Available Repositories for CentOS(https://wiki.centos.org/AdditionalResources/Repositories)でRPMforgeを使用しないように勧告されているため、他リポジトリまたはソースから作成するように変更。

【追加】
DLNAサーバー構築(ReadyMedia) https://centossrv.com/readymedia.shtml CentOS7

【変更】
アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus) https://centossrv.com/clamav-centos7.shtml CentOS7
アンチウィルスソフト導入(Clam AntiVirus) https://centossrv.com/clamav.shtml CentOS6,5
DLNAサーバー構築(MediaTomb) https://centossrv.com/mediatomb.shtml CentOS6,5
Usermin導入(Usermin) https://centossrv.com/usermin.shtml
性能統計グラフ追加(Nagios+PNP4Nagios) https://centossrv.com/nagios-pnp-centos7.shtml CentOS7
性能統計グラフ追加(Nagios+PNP) https://centossrv.com/nagios-pnp.shtml CentOS5
Apacheアクセスログ解析(AWStats) https://centossrv.com/awstats.shtml CentOS6,5
ログ監視ツール導入(SWATCH) https://centossrv.com/swatch.shtml CentOS5
サーバー監視システム構築(RRDtool+Cacti) https://centossrv.com/rrdtool-cacti.shtml CentOS5

【削除】
RPMforgeリポジトリ導入(RPMforge)

なお、RPMforgeリポジトリは下記コマンドで削除しておくこと。
rpm -e rpmforge-release

  「メールサーバー間通信内容暗号化(Postfix+Dovecot+OpenSSL+Certbot)」追加
Date: 2016-06-24 (金)
「メールサーバー間通信内容暗号化(Postfix+Dovecot+OpenSSL+Certbot)」追加

https://centossrv.com/postfix-dovecot-certbot.shtml


  「Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+Certbot)」追加
Date: 2016-06-24 (金)
「Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+Certbot)」追加

https://centossrv.com/apache-certbot.shtml


  「メールサーバー間通信内容暗号化(Postfix+Dovecot+OpenSSL+Let's Encrypt)」
Date: 2016-06-19 (日)
CentOS6確認

https://centossrv.com/postfix-dovecot-letsencrypt.shtml


  「Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+Let's Encrypt)」修正
Date: 2016-06-19 (日)
CentOS6確認

https://centossrv.com/apache-letsencrypt.shtml


  「MySQL用GUI設定ツール導入(phpMyAdmin)」修正
Date: 2016-06-18 (土)
「■phpMyAdmin設定」の「(1)phpMyAdmin設定」で「設定ファイル編集」内のパラメータを修正。
 修正前)$cfg['Lang'] = 'ja-utf-8';
 修正後)$cfg['DefaultLang'] = 'ja-utf-8';

CentOS7版のApache制御コマンドを追記。

「■mcrypt 拡張ロード不可対処」追記。

https://centossrv.com/phpmyadmin.shtml


  「メールサーバー間通信内容暗号化(Postfix+Dovecot+OpenSSL+Let's Encrypt)」追加
Date: 2016-05-06 (金)
「メールサーバー間通信内容暗号化(Postfix+Dovecot+OpenSSL+Let's Encrypt)」追加

https://centossrv.com/postfix-dovecot-letsencrypt.shtml


  「Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+Let's Encrypt)」追加
Date: 2016-05-06 (金)
「Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+Let's Encrypt)」追加

https://centossrv.com/apache-letsencrypt.shtml


  「VPNサーバー構築(OpenVPN)」修正
Date: 2016-05-01 (日)
「■OpenVPN設定(サーバー側)」の「(5)OpenVPN設定」に「OpenVPN経由でSambaへのアクセスがエラーになる場合」の設定を追加。

「■OpenVPN設定(クライアント側)」の「(3)OpenVPN設定」に「OpenVPN経由でSambaへのアクセスがエラーになる場合」の設定を追加。

https://centossrv.com/openvpn.shtml


  「DNSサーバー構築(BIND)」修正
Date: 2016-03-30 (水)
CentOS7の場合、各種設定・定義ファイル作成先を以下のとおり変更。

(設定ファイル)
/var/named/chroot/etc/named.conf ⇒ /etc/named.conf

(ゾーン設定ファイル)
/var/named/chroot/etc/named.centossrv.com.zone ⇒ /etc/named/named.centossrv.com.zone
※/etc直下⇒/etc/named配下へ変更となっているので注意。これに合わせてnamed.confのnamed.centossrv.com.zoneへのパスも修正要。

(ゾーン定義ファイル)
/var/named/chroot/var/named/centossrv.com.db ⇒ /var/named/centossrv.com.db

CentOS7では、systemctl start named-chrootを実行することにより、上記設定・定義ファイルが/var/named/chroot配下へ配置されるようになったため、各種設定・定義ファイルを明に/var/named/chroot配下へ作成する必要はなくなった。

http://centossrv.com/bind.shtml


  「Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod_SSL+StartSSL)」修正
Date: 2016-03-05 (土)
「■サーバー証明書発行」、「■Apache設定」の「(1)Apache設定(StartSSL対応)」を一部修正。
StartSSLからダウンロードした「ホスト名.zip」から取得した「1_root_bundle.crt」を「/etc/httpd/conf.d/ssl.conf」の「SSLCertificateChainFile」に指定するように修正。

「■Apache設定」に「(2)Apache設定(SSL Server Test対応)」を追加。

http://centossrv.com/apache-startssl.shtml


[管理]
- SunBoard -