Webmailシステム構築(RoundCube Webmail)

最終更新日: 2017.05.24

<<トップページ <<新着情報 <<逆引き集 <<リンク集 <<サイト内検索 <<メルマガ <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

HotmailやYahoo!メールのようにWebブラウザ上でメールができるWebmailシステムであるRoundCube Webmailを導入する。
RoundCube WebmailはAjaxを使用したリッチユーザーインタフェースが特徴のWebメールシステム。

WebサーバーWebサーバー間通信内容暗号化メールサーバーデータベースサーバーが構築済であること


■RoundCube Webmailインストール

[root@centos ~]# wget http://downloads.sourceforge.net/project/roundcubemail/roundcubemail/1.0.2/roundcubemail-1.0.2.tar.gz
 ← RoundCube Webmailダウンロード

※最新版のURLはダウンロードページで確認すること

[root@centos ~]# tar zxvf roundcubemail-*.tar.gz ← RoundCube Webmail展開

[root@centos ~]# mv roundcubemail-*/ /var/www/roundcubemail ← RoundCube Webmail展開先ディレクトリを所定の場所へ移動

[root@centos ~]# chmod o+w /var/www/roundcubemail/temp/ ← tempディレクトリへ書き込み権限付与

[root@centos ~]# chmod o+w /var/www/roundcubemail/logs/ ← logsディレクトリへ書き込み権限付与

[root@centos ~]# rm -f roundcubemail-*.tar.gz ← ダウンロードしたファイルを削除

[root@centos ~]# vi /var/www/roundcubemail/program/lib/Roundcube/rcube_charset.php ← rcube_charset.php編集※丸付き数字等の機種依存文字の文字化け対応
        // convert charset using mbstring module
        if ($mbstring_list !== false) {
            $aliases['WINDOWS-1257'] = 'ISO-8859-13';
            −−追加(ここから)−−
            $aliases['JIS'] = 'ISO-2022-JP-MS';
            $aliases['ISO-2022-JP'] = 'ISO-2022-JP-MS';
            $aliases['EUC-JP'] = 'EUCJP-WIN';
            $aliases['SJIS'] = 'SJIS-WIN';
            $aliases['SHIFT_JIS'] = 'SJIS-WIN';
            −−追加(ここまで)−−
            // it happens that mbstring supports ASCII but not US-ASCII
            if (($from == 'US-ASCII' || $to == 'US-ASCII') && !in_array('US-ASCII', $mbstring_list)) {
                $aliases['US-ASCII'] = 'ASCII';
            }

[root@centos ~]# wget http://svn.apache.org/repos/asf/httpd/httpd/trunk/docs/conf/mime.types ← mime.typesダウンロード

[root@centos ~]# mv mime.types /var/www/roundcubemail/config/ ← mime.typesを所定のディレクトリへ移動

[root@centos ~]# vi /var/www/roundcubemail/config/defaults.inc.php ← RoundCube Webmailデフォルト設定ファイル編集
// Absolute path to a local mime.types mapping table file.
// This is used to derive mime-types from the filename extension or vice versa.
// Such a file is usually part of the apache webserver. If you don't find a file named mime.types on your system,
// download it from http://svn.apache.org/repos/asf/httpd/httpd/trunk/docs/conf/mime.types
$config['mime_types'] = '/var/www/roundcubemail/config/mime.types'; ← mime.types所在を指定

■DB設定

[root@centos ~]# yum -y install php-mysql php-xml ← php-mysql、php-xmlインストール

[root@centos ~]# mysql -u root -p ← データベースサーバーへrootでログイン
Enter password: ← データベースサーバーのrootパスワードを応答
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 5
Server version: 5.5.37-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> CREATE DATABASE roundcubemail; ← roundcubemailデータベース作成
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* TO roundcube@localhost IDENTIFIED BY '任意のパスワード'; ← roundcubemailデータベースアクセスユーザーroundcube作成
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> exit ← データベースサーバーからログアウト
Bye

[root@centos ~]# mysql -u roundcube -p roundcubemail < /var/www/roundcubemail/SQL/mysql.initial.sql ← roundcubemailデータベース初期化
Enter password: ← データベースサーバーのroundcubeユーザーパスワードを応答

■RoundCube Webmail設定

[root@centos ~]# vi /etc/php.ini ← PHP設定ファイル編集
[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
;date.timezone =
date.timezone = Asia/Tokyo ← タイムゾーン設定追加※メール一覧で日付が表示されるようにする

[root@centos ~]# vi /var/www/roundcubemail/config/defaults.inc.php ← RoundCube Webmailデフォルト設定ファイル編集
// This domain will be used to form e-mail addresses of new users
// Specify an array with 'host' => 'domain' values to support multiple hosts
// Supported replacement variables:
// %h - user's IMAP hostname
// %n - http hostname ($_SERVER['SERVER_NAME'])
// %d - domain (http hostname without the first part)
// %z - IMAP domain (IMAP hostname without the first part)
// For example %n = mail.domain.tld, %t = domain.tld
$config['mail_domain'] = 'centossrv.com'; ← 送信元メールアドレスの@以下を指定(例:centossrv.com)

// Use this charset as fallback for message decoding
$config['default_charset'] = 'ISO-2022-JP'; ← 日本語対応

// enforce connections over https
// with this option enabled, all non-secure connections will be redirected.
// set the port for the ssl connection as value of this option if it differs from the default 443
$config['force_https'] = true; ← httpsアクセス(暗号化通信)を強制

// the way how contact names are displayed in the list
// 0: display name
// 1: (prefix) firstname middlename surname (suffix)
// 2: (prefix) surname firstname middlename (suffix)
// 3: (prefix) surname, firstname middlename (suffix)
$config['addressbook_name_listing'] = 2; ← アドレス帳で姓名の形式で表示する

// Set true if deleted messages should not be displayed
// This will make the application run slower
$config['skip_deleted'] = true; ← 削除済のメッセージを表示しない

[root@centos ~]# echo Alias /roundcubemail /var/www/roundcubemail > /etc/httpd/conf.d/roundcubemail.conf ← Webアクセス設定ファイル作成
※https://サーバー名/roundcubemail/でWebメールへアクセスできるようにする

[root@centos ~]# systemctl reload httpd ← Webサーバー設定反映※CentOS7の場合

[root@centos ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Webサーバー設定反映※CentOS6の場合

Webブラウザでhttps://サーバー名/roundcubemail/installer/へアクセスする。

「NEXT」ボタン押下

Logging & Debugging
「log_driver」で"syslog”を選択※ログを/var/log/messagesに出力するようにする

Database setup
「Database password」にroundcubemailデータベースのパスワードを入力

IMAP Settings
「default_host」にメールサーバー名(例:mail.centossrv.com)を入力
「junk_mbox」に"Spam"と入力

SMTP Settings
「smtp_server」にメールサーバー名(例:mail.centossrv.com)を入力
「Use the current IMAP username and password for SMTP authentication」をチェック※SMTP認証にIMAPサーバーのユーザー名/パスワードを使用する

Display settings & user prefs
「language」に"ja_JP"と入力

「CREATE CONFIG」ボタン押下

「Download」ボタン押下

ダウンロードしたconfig.inc.phpをWinSCPで/var/www/roundcubemail/configディレクトリへアップロードする。

「CONTINUE」ボタン押下

[root@centos ~]# rm -rf /var/www/roundcubemail/installer/ ← 不要となったインストーラを削除

■プラグイン追加(任意)

(1)コンテキストメニュー
右クリックで返信、転送、削除、既読未読設定、フラグ設定解除等を行えるようにする。

プラグインをダウンロードしてWinSCPでサーバーにアップロードする。
[root@centos ~]# unzip plugins.zip ← プラグイン解凍

[root@centos ~]# mv plugins/contextmenu/ /var/www/roundcubemail/plugins/ ← 解凍後ディレクトリを所定のディレクトリへ移動

[root@centos ~]# vi /var/www/roundcubemail/config/config.inc.php ← RoundCube Webmail設定ファイル編集
// ----------------------------------
// PLUGINS
// ----------------------------------
// List of active plugins (in plugins/ directory)
$config['plugins'] = array('contextmenu'); ← contextmenuを追加

[root@centos ~]# rm -f plugins.zip ← ダウンロードしたファイルを削除


■RoundCube Webmail確認

http://サーバー名/roundcubemail/にアクセスしてRoundCube Webmailログインページが表示されることを確認。
また、URLがhttps://サーバー名/roundcubemail/となっていることを確認。

※ログイン名にはメールアカウント名(例:centos)、パスワードにはメールアカウントパスワードを入力する。

■スキン追加(任意)

スキンを追加してユーザーインタフェース(見た目)を変更する。

(1)LiteCube
[root@centos ~]# wget http://downloads.sourceforge.net/project/litecube/roundcube_theme_litecube-f.tgz ← Litecube Freeダウンロード

[root@centos ~]# mkdir -p litecube-f && tar zxvf roundcube_theme_litecube-f.tgz -C litecube-f ← ダウンロードしたファイルを解凍

[root@centos ~]# mv litecube-f/skins/litecube-f/ /var/www/roundcubemail/skins/ ← スキンを所定のディレクトリへ移動

[root@centos ~]# mv litecube-f/plugins/rcs_skins/ /var/www/roundcubemail/plugins/ ← プラグインを所定のディレクトリへ移動

[root@centos ~]# vi /var/www/roundcubemail/config/config.inc.php ← RoundCube Webmail設定ファイル編集
$config['plugins'] = array('contextmenu','rcs_skins'); ← rcs_skinsを追加

[root@centos ~]# rm -rf litecube-f ← 解凍後ディレクトリを削除

[root@centos ~]# rm -f roundcube_theme_litecube-f.tgz ← ダウンロードしたファイルを削除
RoundCube Webmailへログインして設定⇒ユーザーインターフェイス⇒インターフェイスのスキンで「Litecube Free」を選択して「保存」する。

(2)Free Roundcue Desktop
ユーザー登録後登録時のメールアドレス宛に送られてくるパスワードでログイン後、RoundcubeSkins.ComFree Roundcube Desktop SkinをダウンロードしてWinSCPでサーバーにアップロードする。
[root@centos ~]# unzip RCS_V1.0.3_Cool_Blue_skin_desktop.zip ← スキンを解凍

[root@centos ~]# mv RCS_V1.0.3_Cool_Blue_skin_desktop/RC_9X/skins/cool-blue/ /var/www/roundcubemail/skins/ ← 解凍後ディレクトリを所定のディレクトリへ移動

[root@centos ~]# rm -rf RCS_V1.0.3_Cool_Blue_skin_desktop ← 解凍後ディレクトリを削除

[root@centos ~]# rm -f RCS_V1.0.3_Cool_Blue_skin_desktop.zip ← ダウンロードしたファイルを削除
RoundCube Webmailへログインして設定⇒ユーザーインターフェイス⇒インターフェイスのスキンで「Cool-blue」を選択して「保存」する。







▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします