MySQL用GUI設定ツール導入(phpMyAdmin)

最終更新日: 2016.06.18

<<トップページ <<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<管理人へメール <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

phpMyAdminを導入して、MySQLの操作をWebブラウザ上から行なえるようにする。

Webサーバー+PHPMySQLデータベースが構築済であること



■phpMyAdminインストール

(1)phpMyAdminインストール
[root@centos ~]# svn checkout https://phpmyadmin.svn.sourceforge.net/svnroot/phpmyadmin/tags/STABLE/phpMyAdmin phpmyadmin
 ← phpMyAdminダウンロード

[root@centos ~]# mv phpmyadmin/ /var/www/ ← ダウンロードしたphpMyAdminを所定の場所へ移動

(2)php-mysqlインストール
phpMyAdminはPHPで動作するため、PHPからMySQLデータベースへアクセスするためのパッケージであるphp-mysqlをインストールする
[root@centos ~]# rpm -q php-mysql ← php-mysqlインストール確認
パッケージ php-mysql はインストールされていません。

[root@centos ~]# yum -y install php-mysql ← php-mysqlインストール※インストールされていない場合のみ

■phpMyAdmin設定

(1)phpMyAdmin設定
[root@centos ~]# cp /var/www/phpmyadmin/config.sample.inc.php /var/www/phpmyadmin/config.inc.php
 ← サンプル設定ファイルをコピー

[root@centos ~]# chmod 660 /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← 設定ファイルのパーミッションを変更

[root@centos ~]# mkpasswd -l 46 ← mkpasswdコマンドでランダムな46桁の文字列を取得
※mkpasswdコマンドはこちらを参照
ojwelolk6gmsswpgqosameeBmtxswelzamM4wdfcfolbz> ← ランダムな46桁の文字列※設定ファイル編集で使用する

[root@centos ~]# vi /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← 設定ファイル編集
$cfg['blowfish_secret'] = 'ojwelolk6gmsswpgqosameeBmtxswelzamM4wdfcfolbz>'; ← mkpasswdコマンドで取得したランダムな46桁の文字列を指定
※上記はログイン時のパスワード暗号化の際に内部的に利用されるパスフレーズであり、ユーザに入力要求されるものではない

$cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'cookie'; ← 認証モードを「クッキー」にする

$cfg['DefaultLang']     = 'ja-utf-8'; ← 追加(日本語化)
/*
 * End of servers configuration
 */

[root@centos ~]# chown -R root.apache /var/www/phpmyadmin/ ← phpMyAdminの所有者を変更

(2)Apache設定
[root@centos ~]# vi /etc/httpd/conf.d/phpmyadmin.conf ← phpMyAdmin用Apache設定ファイル作成
Alias /phpmyadmin /var/www/phpmyadmin

以下は内部からのみアクセスできるようにする場合のみ指定する

【CentOS7の場合】
<Location /phpmyadmin>
    Require local
    Require ip 192.168.1.0/24 ← 追加(内部ネットワークからのアクセスを許可)
</Location>

【CentOS6,5の場合】
<Location /phpmyadmin>
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1
    Allow from 192.168.1.0/24 ← 内部ネットワークアドレスを指定
</Location>

[root@centos ~]# systemctl reload httpd ← Apache設定反映※CentOS7の場合
[root@centos ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Apache設定反映※CentOS6,5の場合
httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]


■phpMyAdmin確認

http://サーバー名/phpmyadmin/へアクセスして、phpMyAdminのログイン画面が表示されること
MySQLに登録されているアカウントでログインできること

※Webブラウザのクッキー機能を有効にしておくこと

■mcrypt 拡張ロード不可対処

phpMyAdminのログイン画面で「mcrypt 拡張をロードできません。PHP の設定を確認してください」という警告メッセージが表示される場合の対処。
EPELリポジトリ導入(EPEL)を参照してEPELリポジトリを導入する※CentOS7の場合

[root@centos ~]# yum --enablerepo=epel -y install php-mcrypt ← php-mcryptインストール※CentOS7の場合

[root@centos ~]# yum -y install php-mcrypt ← php-mcryptインストール※CentOS6,5の場合

[root@centos ~]# vi /etc/php.d/mcrypt.ini ← php-mcrypt設定ファイル編集※CentOS6,5の場合
extension=module.so
↓
extension=mcrypt.so ← 修正

[root@centos ~]# systemctl reload httpd ← Apache設定反映※CentOS7の場合
[root@centos ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Apache設定反映※CentOS6,5の場合
http://サーバー名/phpmyadmin/へアクセスして、「mcrypt 拡張をロードできません。PHP の設定を確認してください」という警告メッセージが表示されないこと


LPIロゴ Copyright© 2005-2016 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします