このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/19 14:21
名前: あい
URL:
当サイトどおりに、
DNSの設定を済ませたのですが、
自ドメインで、サーバーにアクセスができません。

BINDの確認で以下の結果が返されます。

C:\>nslookup
Default Server: directstar-0b71e4
Address: 192.168.0.1

> 192.168.0.99
Server: directstar-0b71e4
Address: 192.168.0.1

*** directstar-0b71e4 can't find 192.168.0.99: Non-existent domain
> 192.168.0.99
Server: directstar-0b71e4
Address: 192.168.0.1

*** directstar-0b71e4 can't find 192.168.0.99: Non-existent domain
> メインホスト名
Server: directstar-0b71e4
Address: 192.168.0.1

Non-authoritative answer:
Name: メインホスト名
Address: グローバルIPアドレス


※サーバーアドレス→192.168.0.99
※ルータIPアドレス→192.168.0.1

宜しくお願い致します。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

Re: 外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/23 20:07
名前: 月見鶏
URL:
こんばんは


なるほど、現在のネットワーク環境を理解しました

固定IPでもないし独自ドメインも取っていませんので、
「外部/内部向けDNSサーバー構築」ではなく、「内部向けDNSサーバー構築」を参考に設定してみてください

また、設定ファイルの 正引きゾーンデータベース と 逆引きゾーンデータベース で、
2005120201 ; Serial
という感じに年月日がかかれてますが、
設定ファイルを新しく書き換えた場合は、前に書かれていた数字より大きな数字を入れなければ有効になりません
設定ファイルを書き換えたときには注意してください


参考程度に、私は書き換えた日の年月日と更新回数を書いています
200707072301

同日に書き換えた場合には
200707072302
という感じでSerialの数値を増やしていっています



固定でない動的IPの場合、nslookupで自分のグローバルIPを引くとISPから配布されている固有のホスト名が表示されます

外部のDNSサーバでダイナミックDNSのホスト名を引けば 自分のグローバルIPが返ってきて、
自宅サーバのDNSサーバでホストを引けば LAN内のサーバPCのIPが返ってくれば正常です


その他、nslookupを起動している状態で、
> server ISPのDNSサーバのIP
と入力しますと、一時的に指定したDNSサーバに問い合わせをするようになります

exitで終了すれば元に戻ります
記事編集 編集
Re: 外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/25 13:43
名前: あい
URL:
こんばんわ。

各設定をして見たのですが、うまくいきません。;;

設定は以下の通りです。

■BIND設定
(1)DNSサーバーの設定
[root@centos ~]# vi /var/named/chroot/etc/named.conf ← DNSサーバーの編集
options {
directory "/etc";
pid-file "/var/run/named/named.pid"; };

zone "." { type hint; file "/etc/db.cache"; };


↑CentOS5と違うのか不一致
追加でやってみましたが、エラーで起動できず。

■BIND設定
(1)BIND設定
[root@centos ~]# vi /var/named/chroot/etc/named.caching-nameserver.conf ← BIND設定ファイル編集

dump-file "/var/named/data/cache_dump.db";
statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt";
query-source port 53;
query-source-v6 port 53;
#allow-query { localhost; };
allow-query { localhost; localnets; };

forwarders{
192.168.0.1;    ←ルーターのIPアドレス
210.196.3.183    ←プロバイダから提供されたプライマリ
210.141.112.163   ←プロバイダから提供されたセカンダリ
};
};
logging {
channel default_debug {
file "data/named.run";
severity dynamic;
};
};
view localhost_resolver {
match-clients { localhost; };
match-destinations { localhost; };
recursion yes;
include "/etc/named.rfc1912.zones";
include "/etc/named.自ドメイン名.zone";
};

#view "external" {
# match-clients { any; };
# match-destinations { any; };
# recursion no;
# include "/etc/named.root.hints";
# include "/etc/named.自ドメイン名.zone.wan";
#};


view "internal" {
match-clients { localnets; };
match-destinations { localnets; };
recursion yes;
include "/etc/named.root.hints";
include "/etc/named.自ドメイン名.zone";
};


■正引き(ドメイン名⇒IPアドレス)ゾーンデータベース作成
[root@centos ~]# vi /var/named/chroot/var/named/自ドメイン名.db ← 正引きゾーンデータベース作成

$TTL 86400
@ IN SOA 自ドメイン名. root.自ドメイン名.(
2007071802 ; Serial
28800 ; Refresh
14400 ; Retry
3600000 ; Expire
86400 ) ; Minimum
IN NS 自ドメイン名.
IN MX 10 自ドメイン名.
@ IN A 192.168.0.99
www IN A 192.168.0.99
ftp IN A 192.168.0.99
mail IN A 192.168.0.99
* IN A 192.168.0.99


■逆引き(IPアドレス⇒ドメイン名)ゾーンデータベース作成
[root@centos ~]# vi /var/named/chroot/var/named/0.168.192.in-addr.arpa.db ← 逆引きゾーンデータベース作

$TTL 86400
@ IN SOA 自ドメイン名. root.自ドメイン名.( 2007071802 ; Serial 28800 ; Refresh 14400 ; Retry 3600000 ; Expire 86400 ) ; Minimum IN NS 自ドメイン名.
99 IN PTR 自ドメイン名.


宜しくお願い致します。<(_"_)>
記事編集 編集
Re: 外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/26 11:32
名前: kshun
URL:
今までの書込みを見ると、外部/内部向けDNSサーバー構築を
見てると思いますが、月見鶏さんが指摘していますが、
固定IPではない場合や、外部のDNSサーバを使用している場合は、
内部向けDNSサーバー構築
http://centossrv.com/bind-lan.shtml
を参考にして下さい。

クライアントパソコンが少数の場合は、クライアントの
HOSTSファイルに書く方法も有りますので、この方法も
ご検討下さい。
記事編集 編集
Re: 外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/26 16:49
名前: あい
URL:
>今までの書込みを見ると、外部/内部向けDNSサーバー構築を
>見てると思いますが、月見鶏さんが指摘していますが、
>固定IPではない場合や、外部のDNSサーバを使用している場合は、
>内部向けDNSサーバー構築
>http://centossrv.com/bind-lan.shtml
>を参考にして下さい。
>
>クライアントパソコンが少数の場合は、クライアントの
>HOSTSファイルに書く方法も有りますので、この方法も
>ご検討下さい。


内部向けの設定を見て見ましたが、
ここのサイトで紹介しているのと、内容が違っているんですが・・・
そのまま設定を続行すると、
起動エラーが出て起動しません。。。

あれはSentOS4のものかと・・・
記事編集 編集
Re: 外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/26 17:29
名前: 月見鶏
URL:
こんにちは


内部向けDNSサーバー構築(BIND)
http://centossrv.com/bind-lan.shtml

私はこのページを参考に、内部向けのローカルDNSサーバをCentOS5で立てました
ですので、このページの通りに設定をすれば立てられます


/var/named/chroot/etc/named.caching-nameserver.conf
この設定ファイルを書き換えているようですが、元に戻されていますか?

エラーログが出力されていれば貼り付けてください


設定ファイルを手動書き換えで元に戻せない場合、
一旦BINDをyumでremoveしてからinstallすれば 設定ファイルは初期状態に戻りましたっけ?
記事編集 編集
Re: 外部/内部向けDNSサーバー構築(BIND)で このメッセージに返信する
日時: 2007/07/29 09:57
名前: よっしー
URL: https://takao.dyndns.org/~takao/fswiki/wiki.cgi
お早う御座います、お世話になります。

あいさん>
確かnamed.confとnamed.caching-nameserver.confの双方を編集すると
不具合が起きてnamedが起動できなかったような気がします。(^^;)

ですので、編集はどちらか(個人的にはyumでの自動アップデートの際に
named.caching-nameserver.confですとアップデート後に従来のファイル
がバックアップファイルとされて無効になってしまうので、named.conf
の方をお奨めします)にされると良いでしょう。

もっとも、すでに双方のファイルを編集されているようなので、
月見鶏さんの仰るように、一度named関連のrpmを全て削除(その際は
/var/namedディレクトリを再インストール前に丸ごと削除した方が
良いです)した方が良いように思います。

尚、内向きDNSの設定でしたら、下記のサイトの内容も参考になると
思います。

http://kajuhome.com/cooperation_dhcp_bind.shtml

内容はFedora向けですが、CentOS 5でもほぼ同様の設定で問題無く
動作すると思います。

以上、宜しくお願い致します。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -