このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/08/31(Sat) 21:51
名前: stranger
URL:
centos 7.7 にスムーズにアップデートできるように
CR.repoにアップデートファイルが入りました
x86_64パッケージ 1677
noarchパッケージ 373
あります
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/01(Sun) 12:25
名前: superweibu
URL:
脆弱性があった場合、
修正パッケージはCR.repo
に入るから注意ですね
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/01(Sun) 16:22
名前: stranger
URL:
CentOS 7.7が正式にリリースされるまでCR.repoに入ります
場合によると正式にリリースのisoファイルのパッケージが古い場合があります
その場合はCR.repoからBase.repoのupdatesに移されると思っています
CR.repoを使わない場合は正式リリースのbaseとupdatesから更新することになると思います

参考 CentOS 7.7 CentOS-7 (1908) Release Notes
https://wiki.centos.org/Manuals/ReleaseNotes/CentOS7.1908

蛇足
nvidiaカードとelrepoのkernelモデュールを使っている方で
crのkernelをインストールした場合に起動しなくなるケースがあります
一つ前のkernelで起動してelrepoのアップデートをしてみてね
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/14(Sat) 20:06
名前: superweibu
URL:
純正のカーネルを使わなければよいのでは?

それとstrangerさん

毎回 elrepoのバージョンアップするたびに
grub2-set-default 0を設定しないとあかん。

[root@www ~]# grub2-editenv list
saved_entry=0

でインストールした最新のカーネルで起動することになっとるんですけどねー
バージョンアップ前のカーネルで起動してしまう。

解決方法ご存知ないですか?
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/15(Sun) 08:40
名前: stranger
URL:
elrepoにyum-plugin-nvidiaがあってインストールしておくと
nvidiaの有効・無効の制御ができます
# rpm -ql elrepo-release
/etc/yum.repos.d/elrepo.repo
その他
# rpm -ql yum-plugin-nvidia
/etc/yum/pluginconf.d/nvidia.conf
その他

elrepoのkernelをアップデートしたくない場合はelrepo.repoで
[elrepo-kernel]
enabled=0
にする
-------------------------------------------------------------------------
1. CentOSのkernelアップデートのたびにgrub2-configで書き換える
# cat /etc/default/grub
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_SAVEDEFAULT=true

. 新しいkernelのインストール(自分で再構築したkernel)
# yum localinstall kernel-mn-4.19.72-1.el7.x86_64.rpm

. OS エントリーの一覧を表示
# grep ^menuentry /boot/grub2/grub.cfg | awk -F\' '{ print $2 }'
(UEFI起動の場合)
# grep ^menuentry /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg | awk -F\' '{ print $2 }'

.デフォルトにしたいエントリーを設定
# grub2-set-default 'CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)'

. 設定ファイルを生成
# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
(UEFI起動の場合)
# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg

. 今のデフォルトを確認
# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64)
-------------------------------------------------------------------------
2. GRUB_DEFAULTを特定のkernelに設定してしまう
(試していません)
-------------------------------------------------------------------------
3. kernel関係をすべてelrepoのものにしてしまう
(kernel-debug-develの依存関係があるので開発環境では使っていない)

# yum erase kernel-debug-devel kernel-devel
# yum swap kernel-headers -- kernel-ml-headers
# yum swap kernel-tools-libs kernel-tools -- kernel-ml-tools-libs kernel-ml-tools

下記サイトを確認してください
CentOS7でelrepoリポジトリを有効化してkernel-mlを入れる(Qiitaサイトより)
http://qiita.com/kawaz/items/21637f5f0b443bbf7893
-------------------------------------------------------------------------
4. /etc/sysconfig/kernelを修正する(わたしはためしてない)

# cat /etc/sysconfig/kernel
# UPDATEDEFAULT specifies if new-kernel-pkg should make
# new kernels the default
UPDATEDEFAULT=yes

# DEFAULTKERNEL specifies the default kernel package type
DEFAULTKERNEL=kernel

参考サイト
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/system_administrators_guide/sec-customizing_the_grub_2_configuration_file
-------------------------------------------------------------------------
蛇足
kernel-ml kernel-mn のようにkernelの名前を変えておくと
yumの更新がそれぞれにたいして行われるので
/bootディレクトリの許す限りそれぞれのkernelが5つ(yumのデフォルト)保存できる
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/15(Sun) 23:01
名前: superweibu
URL:
カーネルのバージョンアップが早いから面倒なんだよねー・・・。
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/16(Mon) 08:51
名前: stranger
URL:
CentOSのkernelをupdateしたら下記だけやればいい
再起動する必要はない

.デフォルトにしたいエントリーを設定(希望するkernel)
# grub2-set-default 'CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)'

. 設定ファイルを生成
# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
(UEFI起動の場合)
# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/centos/grub.cfg

. 今のデフォルトを確認
# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64)

CentOS-gnome環境ならgnome-terminalで
(Ctrl+Shift+cでコピー Ctrl+Shift+vでペースト)

我が家のKVM親機
# grep ^menuentry /boot/grub2/grub.cfg | awk -F\' '{ print $2 }'
CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.70-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.68-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.12-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-1062.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-957.27.2.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-957.21.3.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (0-rescue-ff6a5ae68bfd40d6b6ee7dcfe8ae4ef6) 7 (Core)

"4.19.72-1.el7.x86_64" の部分を指定して実行するスクリプトをつくればいいと思う
スクリプトに失敗してもあせって再起動しない
手動で設定をやりなおしてね

CentOS7のデフォルトではyumでインストールやアップデートした時に
それがデフォルトkernelに設定されるはず...
それ以降は並びを整えるためにコマンドを打ってます
記事編集 編集
Re: centos7.7のためのCR.repo このメッセージに返信する
日時: 2019/09/16(Mon) 13:36
名前: stranger
URL:
今の所こんな感じ

# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)

# yum downgrade kernel-tools-libs kernel-tools kernel-headers kernel-debug-devel
# yum erase kernel-3.10.0-1062.el7.x86_64

# cat /etc/sysconfig/kernel
UPDATEDEFAULT=yes
DEFAULTKERNEL=kernel-mn

# yum update
Installed:
kernel.x86_64 0:3.10.0-1062.el7

Updated:
kernel-debug-devel.x86_64 0:3.10.0-1062.el7
kernel-headers.x86_64 0:3.10.0-1062.el7
kernel-tools.x86_64 0:3.10.0-1062.el7
kernel-tools-libs.x86_64 0:3.10.0-1062.el7

# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)

# grep ^menuentry /boot/grub2/grub.cfg | awk -F\' '{ print $2 }'
CentOS Linux (3.10.0-1062.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.70-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.68-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.12-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-957.27.2.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-957.21.3.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (0-rescue-ff6a5ae68bfd40d6b6ee7dcfe8ae4ef6) 7 (Core)

# systemctl reboot
# uname -prs
Linux 4.19.72-1.el7.x86_64 x86_64

整えたいので

# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)

# grep ^menuentry /boot/grub2/grub.cfg | awk -F\' '{ print $2 }'
CentOS Linux (4.19.72-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.70-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.68-1.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (4.19.12-1.el7.elrepo.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-1062.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-957.27.2.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (3.10.0-957.21.3.el7.x86_64) 7 (Core)
CentOS Linux (0-rescue-ff6a5ae68bfd40d6b6ee7dcfe8ae4ef6) 7 (Core)

installonly_limitのデフォルトは5なので
kernel-mn kerrnelは/bootの容量に応じて5パッケージまでそれぞれインストール可能

# df|grep boot
/dev/sda2 1998672 310540 1566892 17% /boot
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -