このスレッドは未解決です(解決したらこちらで解決済にしてください)
<<戻る

仮想マシン構築につきまして このメッセージに返信する
日時: 2018/12/15(Sat) 11:22
名前: みる
URL:
始めまして、よろしくお願い致します。

仮想マシン構築の段階で、つまづいております。

https://centossrv.com/kvm.shtmlのページ内の仮想化設定のところで、

以下のようなメッセージがでております。

# virsh iface-bridge eth0 br0
エラー: インターフェース 'eth0' を取得できませんでした
エラー: インターフェースが見つかりません: 'eth0' という名前のインターフェースを見 つけられませんでした

いろいろとググってみましたが、解決方法が見つけられず困っております。

# ifconfigの結果は以下のようになっています

eno1: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500
inet 192.168.11.12 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.11.255
inet6 fe80::9e8e:99ff:fee5:ec96 prefixlen 64 scopeid 0x20<link>
ether 9c:8e:99:e5:ec:96 txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 121344 bytes 166796654 (159.0 MiB)
RX errors 0 dropped 6157 overruns 0 frame 0
TX packets 58957 bytes 4803555 (4.5 MiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0
device interrupt 20 memory 0xfe400000-fe420000

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING> mtu 65536
inet 127.0.0.1 netmask 255.0.0.0
inet6 ::1 prefixlen 128 scopeid 0x10<host>
loop txqueuelen 1000 (Local Loopback)
RX packets 32 bytes 2592 (2.5 KiB)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 32 bytes 2592 (2.5 KiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

virbr0: flags=4099<UP,BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500
inet 192.168.122.1 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.122.255
ether 52:54:00:cb:90:a6 txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 0 bytes 0 (0.0 B)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 0 bytes 0 (0.0 B)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

ご教授お願い致します。
記事編集 編集
Re: 仮想マシン構築につきまして このメッセージに返信する
日時: 2018/12/15(Sat) 14:13
名前: stranger
URL:
参考サイト
https://www.server-world.info/query?os=Fedora_22&p=kvm

Network-Managerは止めないでも良い

○ モジュールが読み込まれているか確認

[root@blue:~]# lsmod | grep kvm
kvm_intel 170086 0
kvm 566340 1 kvm_intel
irqbypass 13503 1 kvm

[root@blue:~]# systemctl status libvirtd
[root@blue:~]# systemctl start libvirtd
[root@blue:~]# systemctl enable libvirtd

○ ブリッジ「br0」を作成します。作成の際にSTPは止めておきます
 ※nmcli con の "con" は connection の省略形

[root@blue:~]# nmcli con add type bridge ifname br0 con-name br0 stp no
接続 'br0' (891091d1-0e7d-4640-a2d0-70542d7e1254) が正常に追加されました。

 作成されたかどうかは以下で確認できます。

[root@blue:~]# nmcli con show
名前 UUID タイプ デバイス
br0 31b190c3-8afc-4623-9e4d-60e1477b0585 bridge br0
enp1s0 69662dc8-8e82-40dd-b60e-e3ee7d68e14e 802-3-ethernet enp1s0
virbr0 2fea75f5-1990-41e5-b953-2fb72f164552 bridge virbr0

○ ブリッジ設定
 作成した br0 の設定を変更します。
 ※mod は modify の省略形
  メソッド ( manual )
  IPアドレス (自分のアドレスを使う)
  ゲートウェイ (自分のアドレスを使う)
  DNSサーバ (自分のアドレスを使う)
  セカンダリも設定する場合、スペース区切りで指定
  DNSサーチパス (自分のドメイン名を使う)

[root@blue:~]# nmcli con mod br0 ipv4.method manual ipv4.addresses "192.168.0.10/24"
[root@blue:~]# nmcli con mod br0 ipv4.gateway "192.168.0.1"
[root@blue:~]# nmcli con mod br0 ipv4.dns "192.168.0.1"
[root@blue:~]# nmcli con mod br0 ipv4.dns-search "528p.com"

○ 確認
[root@blue:~]# nmcli connection show br0

○ ブリッジスレーブコネクション( 物理ポートをブリッジに接続 ) の追加
 con-nameを省略するとbridge-slaveから始まる名前で追加されます
 (enp1s0は自分の設定に合わせる)

[root@blue:~]# nmcli con add type bridge-slave ifname enp1s0 con-name slave-enp1s0 master br0
接続 'slave-enp1s0' (9f18769f-f137-4df9-b3b4-420d92ec9f00) が正常に追加されました。

○ enp1s0の設定を移動(この設定ではroot)し、リブートします
[root@blue:~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts
[root@blue:/etc/sysconfig/network-scripts]# mv ifcfg-enp1s0 ~/ifcfg-enp1s0.orig
[root@blue:/etc/sysconfig/network-scripts]# systemctl reboot

○ virbr0が再起動したときに作成されないようにする

# virsh net-autostart default --disable
ネットワーク default の自動起動設定が解除されました

[root@blue:~]# nmcli connection show
名前 UUID タイプ デバイス
br0 31b190c3-8afc-4623-9e4d-60e1477b0585 bridge br0
slave-enp1s0 92a0fb8c-00d6-42e4-88be-13db7f88dbb4 802-3-ethernet enp1s0

蛇足
slave-enp1s0のようにデヴァイス名をつけるとgnome-sessionの右側のネットワークアイコンがでなくなる
CentOS 7.6 の gnome-sessionのバグ
GUI環境でなければ問題ないこと
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -