このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/09(Wed) 08:10
名前: としちゃん
URL:
毎日、/etc/cron.daily/clamscanから以下のメッセージが送られてくるようになりました。

WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.97.8 Recommended version: 0.98

0.98のパッケージが無くてアップデートが出来ないという意味だと思いますが、待って入れば
いずれ0.98のパッケージが出てきて自動でインストールされると思っていれば良いのでしょうか?

よろしくお願いします。



手動でアップデートすると・・・

# yum -y update clamd
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* epel: ftp.kddilabs.jp
79 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Update Process
No Packages marked for Update



clamdのバージョンの確認・・・

# yum info clamd
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* epel: ftp.kddilabs.jp
79 packages excluded due to repository priority protections
Installed Packages
Name : clamd
Arch : x86_64
Version : 0.97.8
Release : 1.el6
Size : 410 k
Repo : installed
From repo : epel
Summary : The Clam AntiVirus Daemon
URL : http://www.clamav.net/
License : GPLv2
Description : The Clam AntiVirus Daemon
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/09(Wed) 18:35
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
epelとrpmforgeと両方でclamavのパッケージをサポートしているようですが
rpmforgeは0.98になっているようです
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/10(Thu) 19:10
名前: としちゃん
URL:
stranger様 アドバイスをありがとうございました。

ところで、アップデートしたらエラーになってしまいました。

具体的には以下を行いました。



# wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

# rpm -ivh rpmforge-release-*.rpm ← RPMforgeリポジトリインストール

# rm -f rpmforge-release-*.rpm ← ダウンロードしたファイルを削除

# yum -y update rpmforge-release ← rpmforge-releaseアップデート

# yum -y update ← エラー発生

# yum update clamav --enablerepo=rpmforge ← エラー発生



rpmforgeを指定しているのに、epelを見に行っている?
  Error: Package: amavisd-new-2.8.0-4.el6.noarch (@epel)

この場合はどのように対処すれば良いでしょうか?



ちなみにテスト機でyum -y updateで上手くいったので本番機で同様に行ったら、エラーが発生、そこでyum update clamav --enablerepo=rpmforgeしてもエラー発生という状況です。





以下に画面のメッセージを貼り付けます。

[root@www trend]# yum update clamav --enablerepo=rpmforge
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* epel: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: mirror.yongbok.net
94 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package clamav.x86_64 0:0.97.8-1.el6 will be updated
--> Processing Dependency: clamav = 0.97.8-1.el6 for package: clamd-0.97.8-1.el6.x86_64
---> Package clamav.x86_64 0:0.98-2.el6.rf will be an update
--> Processing Dependency: libltdl.so.7()(64bit) for package: clamav-0.98-2.el6.rf.x86_64
--> Running transaction check
---> Package clamd.x86_64 0:0.97.8-1.el6 will be updated
---> Package clamd.x86_64 0:0.98-2.el6.rf will be an update
---> Package libtool-ltdl.x86_64 0:2.2.6-15.5.el6 will be installed
--> Processing Dependency: /etc/clamd.d for package: amavisd-new-2.8.0-4.el6.noarch
--> Finished Dependency Resolution
Error: Package: amavisd-new-2.8.0-4.el6.noarch (@epel)
Requires: /etc/clamd.d
Removing: clamd-0.97.8-1.el6.x86_64 (@epel)
Not found
Updated By: clamd-0.98-2.el6.rf.x86_64 (rpmforge)
Not found
You could try using --skip-broken to work around the problem
You could try running: rpm -Va --nofiles --nodigest
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/10(Thu) 19:55
名前: gpg
URL:
>* epel: ftp.iij.ad.jp

epelが有効になっているのでは?
下のコマンドで確認して enabled=1 になっている行が
あれば enabled=0 に直すと無効になる。


# cat /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]

−−−−−−−−−−−省略−−−−−−−−−−−−−

enabled=0

−−−−−−−−−−−省略−−−−−−−−−−−−−
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/10(Thu) 20:55
名前: としちゃん
URL:
gpg様 アドバイスありがとうございます。

[epel]
 ・
enabled=0
 ・



上記設定に変更して試しましたがダメでした。
メッセージの「* epel: ftp.iij.ad.jp」は無くなりました。

確証はないけど、現バージョンのclamavがepelのパッケージでインストールされており、最新版もepelから
でないとインストールできないってことでしょうか?
「Removing: clamd-0.97.8-1.el6.x86_64 (@epel)」のようにepelから探して削除しようとしてみたり、
妙にepelに拘っているので・・・
これが理由ならepelから最新のパッケージが出るまで待つしかないけど。



# yum update clamav --enablerepo=rpmforge
Loaded plugins: downloadonly, fastestmirror, priorities, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* rpmforge: ftp.kddilabs.jp
15 packages excluded due to repository priority protections
Setting up Update Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package clamav.x86_64 0:0.97.8-1.el6 will be updated
--> Processing Dependency: clamav = 0.97.8-1.el6 for package: clamd-0.97.8-1.el6.x86_64
---> Package clamav.x86_64 0:0.98-2.el6.rf will be an update
--> Processing Dependency: libltdl.so.7()(64bit) for package: clamav-0.98-2.el6.rf.x86_64
--> Running transaction check
---> Package clamd.x86_64 0:0.97.8-1.el6 will be updated
---> Package clamd.x86_64 0:0.98-2.el6.rf will be an update
---> Package libtool-ltdl.x86_64 0:2.2.6-15.5.el6 will be installed
--> Processing Dependency: /etc/clamd.d for package: amavisd-new-2.8.0-4.el6.noarch
--> Finished Dependency Resolution
Error: Package: amavisd-new-2.8.0-4.el6.noarch (@epel)
Requires: /etc/clamd.d
Removing: clamd-0.97.8-1.el6.x86_64 (@epel)
Not found
Updated By: clamd-0.98-2.el6.rf.x86_64 (rpmforge)
Not found
You could try using --skip-broken to work around the problem
You could try running: rpm -Va --nofiles --nodigest
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/10(Thu) 21:53
名前: gpg
URL:
$ rpm -qi amavisd-new

Name : amavisd-new Relocations: (not relocatable)
Version : 2.6.4 Vendor: Fedora Project
Release : 2.el6 Build Date: 2011年03月29日 07時01分45秒

$ rpm -qi clamav
Name : clamav Relocations: (not relocatable)
Version : 0.97.8 Vendor: Fedora Project
Release : 1.el6 Build Date: 2013年04月24日 07時17分48秒

うちのサーバーCentOS6.4ではこの組み合わせで動作確認できています。
rpm -qi clamav で確認してみてはどうでしょう。
Fedora Project = epel です。念のため(笑)

この状態から amavisd-new clamav の両方を update してみると
amavisd-new が

Name : amavisd-new Relocations: (not relocatable)
Version : 2.8.0 Vendor: Fedora Project
Release : 4.el6 Build Date: 2013年02月22日 10時23分14秒

と updateがかかりましたので貴方の予想が当たっているのでは?!
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/10(Thu) 22:07
名前: としちゃん
URL:
私の場合は以下の組み合わせです。

次のメッセージが毎日メールで届くため、0.98の最新版にアップデートしたところ、トラぶってしまいました。

WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.97.8 Recommended version: 0.98



$ rpm -qi amavisd-new
Name : amavisd-new Relocations: (not relocatable)
Version : 2.8.0 Vendor: Fedora Project
Release : 4.el6 Build Date: 2013年02月22日 10時23分14秒
Install Date: 2013年03月16日 05時58分47秒 Build Host: ppc12.phx2.fedoraproject.org
Group : Applications/System Source RPM: amavisd-new-2.8.0-4.el6.src.rpm
Size : 2963797 License: GPLv2+ and BSD and GFDL
Signature : RSA/8, 2013年02月23日 02時18分05秒, Key ID 3b49df2a0608b895
Packager : Fedora Project
URL : http://www.ijs.si/software/amavisd/
Summary : Email filter with virus scanner and spamassassin support
Description :
amavisd-new is a high-performance and reliable interface between mailer
(MTA) and one or more content checkers: virus scanners, and/or
Mail::SpamAssassin Perl module. It is written in Perl, assuring high
reliability, portability and maintainability. It talks to MTA via (E)SMTP
or LMTP, or by using helper programs. No timing gaps exist in the design
which could cause a mail loss.


$ rpm -qi clamav
Name : clamav Relocations: (not relocatable)
Version : 0.97.8 Vendor: Fedora Project
Release : 1.el6 Build Date: 2013年04月24日 07時17分48秒
Install Date: 2013年05月03日 05時09分14秒 Build Host: buildvm-26.phx2.fedoraproject.org
Group : Applications/System Source RPM: clamav-0.97.8-1.el6.src.rpm
Size : 16354364 License: GPLv2
Signature : RSA/8, 2013年04月25日 00時04分54秒, Key ID 3b49df2a0608b895
Packager : Fedora Project
URL : http://www.clamav.net/
Summary : Anti-virus software
Description :
Clam AntiVirus is a GPL anti-virus toolkit for UNIX. The main purpose of
this software is the integration with mail servers (attachment scanning).
The package provides a flexible and scalable multi-threaded daemon, a
command line scanner, and a tool for automatic updating via Internet.

The programs are based on a shared library distributed with the Clam
AntiVirus package, which you can use with your own software. Most
importantly, the virus database is kept up to date
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/10(Thu) 22:18
名前: gpg
URL:
# freshclam
ClamAV update process started at Thu Oct 10 22:15:18 2013
WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!
WARNING: Local version: 0.97.8 Recommended version: 0.98
DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq
main.cld is up to date (version: 55, sigs: 2424225, f-level: 60, builder: neo)
daily.cld is up to date (version: 17954, sigs: 406973, f-level: 63, builder: guitar)
bytecode.cld is up to date (version: 228, sigs: 43, f-level: 63, builder: neo)

うちもレビジョン古いと怒られますがこの状態でもウイルス定義は更新されているので
大丈夫ですよ。epelのパッケージが0.98に上がった時点でインストールすればメッセージは
消えます。
>0.98の最新版にアップデートしたところ
ちなみにepel clamav の最新バージョンはversion: 0.97.8なのでトラブッて無いと
思います。(無理にrpmforgeにする必要は無いと思います。)
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/11(Fri) 03:47
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
amavisd-newもrpmforgeに変えないと依存関係でエラーになるようです
epelとrpmforegeを共存させる場合は
どちらかでamavisd-new関連とclamd関連をexcludeしておく

設定ファイルの配置や内容が異なるので
単純に変えないほうがよいようです
記事編集 編集
Re: Clam AntiVirusのアップデート このメッセージに返信する
日時: 2013/10/11(Fri) 11:54
名前: としちゃん
URL:
stranger 様


# yum update clamav amavisd-new --enablerepo=rpmforge
上記コマンドを打ってもダメでした。



> 設定ファイルの配置や内容が異なるので
> 単純に変えないほうがよいようです

このコメントを見て、無理にやらない方が良いような気がしてきました。
現在、rpmforgeを有効にしてepelを無効にしていますが、インストール済みのamavisd-newがepelなので、rpmforgeを無効にしてepelを有効いしておいた方が良いのではないか?と言う気がします。
そしてepelにclamavの0.98のパッケージが掲載されれば、無理なくアップデートできるのではないかと思います。
当サイトに以下の説明がありますが、RPMforgeリポジトリとEPELリポジトリがほぼ同じなら、PELリポジトリをべースに変更しても問題ないですよね。


※RPMforgeリポジトリとEPELリポジトリで提供されるパッケージはほぼ同じだが、当サイトではRPMforgeリポジトリをベースとし、RPMforgeリポジトリにないパッケージのみEPELリポジトリからインストールすることとする
http://centossrv.com/epel.shtml
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -