このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/01/31 15:04
名前: サルグラ
URL:
はじめまして。サルグラといいます。
今回、はじめてCentOSを使用してメールサーバーを作ろうと思い、
失敗を数日続けてここにたどり着きました。

今回、さくらVPSにてサーバーを借り、お名前.comにてドメインを取得しました。
さくらVPSのネームサーバーを利用して
● test.com
A XXX . XXX . XXX . XXX (IPアドレス)
MX 10 @
● www
CNAME test.com
● mail
CNAME test.com
と設定。

/etc/postfix/main.cfにて
myhostname = mail.test.com
と設定をしました。
アカウントも作成を行いました。
参考にしたURLは以下になります。
http://centossrv.com/postfix.shtml

outlookを使用して受信、送信をテストしたのですが
ログオンすらできません。

CentOS 5.5 x86_64
postfix
dovecotを使用しております。

メールサーバーを作りたいので
皆様、ご教授お願いします。

Tera Termにて
$ mail *******@gmail.com
と送信テストを行うと、Gmail側では受信ができます。

また、Telnetにて受信を確認したところ、0messageになります。
受信ができていない状態です。

またPortについては
iptables -Lにて確認を行ったところ
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere state NEW tcp dpt:smtp
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere state NEW tcp dpt:pop3
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere state NEW tcp dpt:submission
ACCEPT tcp -- anywhere anywhere state NEW tcp dpt:imap
となっております。

よろしくお願いします
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 | 3 |

Re: メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/02/04 10:31
名前: サルグラ
URL:
こんにちは。
/home/info内にあるMaildirを確認しました。
cur/tmp/new内にはなにもありません。

/etc/skel/Maildir内にも確認をしました。
cur/tmp/new内にはなにもありません。

追記しました。10時31分
記事編集 編集
Re: メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/02/04 10:56
名前: サルグラ
URL:
http://centossrv.com/postfix-tls.shtml内の
Dovecot設定にてOS5のためファイル( /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf)がなかったのですが、
/ect/dovecot.conf内に以下の記述がありました。
これをいじるのがいいのでしょうか?
##
## SSL settings
##

# IP or host address where to listen in for SSL connections. Defaults
# to above if not specified.
#ssl_listen =

# Disable SSL/TLS support.
#ssl_disable = no

# PEM encoded X.509 SSL/TLS certificate and private key. They're opened before
# dropping root privileges, so keep the key file unreadable by anyone but
# root. Included doc/mkcert.sh can be used to easily generate self-signed
# certificate, just make sure to update the domains in dovecot-openssl.cnf
#ssl_cert_file = /etc/pki/dovecot/certs/dovecot.pem
#ssl_key_file = /etc/pki/dovecot/private/dovecot.pem
記事編集 編集
Re: メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/02/04 11:10
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
postfixを再起動して
mail コマンドで サーバ自身にtestメールを送信した場合はうまくいきますか
その時のmaillogはどうなりますか
gmailから サーバにtestメールを送信した場合はうまくいきますか
その時のmaillogはどうなりますか

infoは実名ですか

/etc/aliasesで
info → pastmaster → root
になっていませんか
/etc/aliasesに設定されていないユーザで試して下さい
記事編集 編集
Re: メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/02/04 11:44
名前: サルグラ
URL:
本当にstranger様ありがとうございます。
先ほどinfo以外でアカウント作成をしたらうまくいきました。

ということは。。。。aliasesだななんて気付き、今設定をしてみました。
info: postmaster
となっており、
#postmaster: root
とコメントアウトされていました。

また、root: info@c-nine.co.jpとなっていたので
info: postmasterをコメントアウトすることで
infoアカウントが使用できるようになるのでしょうか?


記事編集 編集
Re: メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/02/04 12:18
名前: stranger
URL: http://ja.528p.com/
/etc/aliasesの
info: postmasterをコメント行にして

newaliases

コマンドを実行し
/etc/aliases.db
を更新すればinfoが使えると思います

infoで良くspamメールがおくられてくるので私はinfoを有効にしていません

すみませんが
CentOS 5.x 6.x ともに dovecotを2.xに上げてしまったので
1.x系のdovecot.confには正確に返答できません

蛇足
CentOS サポート期限
5.x 2014年03月31日
6.x 2017年11月30日
これを過ぎるとrpmによるサポートは無くなります
一度 構築してしまうと 入れ替えるのが大変になります

2014年には7.xがでていると思いますが
5.xから7.xへのアップグレードはほとんど入れ直しになると思う

記事編集 編集
Re: メールサーバーについて このメッセージに返信する
日時: 2012/02/04 12:45
名前: サルグラ
URL:
stranger様
何度もありがとうございます。
確かにspamの概念からいくと有効でないほうがいいですね。
お問い合わせなどから受けるアカウントを他で作ることを模索してみます。

また、助言の通りバージョン及びサポートについては
今後検討課題になっています。
さくらVPSが今後CentOS6への対応はなし、Scientific Linux 6.1の提供が予定させているとのことで
今後不安材料がたくさんあります。
さくらVPS内でCentOS6へのバージョンアップはサポート外。
新規インストールとのことで
今入れた設定が全部消えてしまう(合っているでしょうか?)ので
もう一台借りた際に一度テストをしてからやりたいと考えています。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 | 3 |

件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -