このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

FileZilla 接続できません このメッセージに返信する
日時: 2009/09/28 12:02
名前: haru
URL:
お早うございます お世話になります。

下記ページの よっしー様の症状と同じ状況になっています。

http://centossrv.com/bbshtml/webpatio/941.shtml

解決策も書かれているのですが 私のスキルではわからない状況です。

ご教授のほどよろしくお願い致します。

CentOS 5.3

openssh-5.2p1-1

vsftpd-2.0.5-12.el5_3.1

FileZilla 2.2.32

記事編集 編集
Re: FileZilla 接続できません このメッセージに返信する
日時: 2009/09/28 11:34
名前: まさる
URL:
何がわからないか書かないと誰も理解できません。
同じ症状と言われてもSSL使ってるか使ってないかも
エラーメッセージも同一なのかもわかりません。
記事編集 編集
Re: FileZilla 接続できません このメッセージに返信する
日時: 2009/09/28 16:47
名前: haru
URL:
まさる様 有難うございます <(_ _)> 

>何がわからないか書かないと誰も理解できません。
仰るとうりです 申し訳ありません

ソースファイルの中の builddefs.h で

#define VSF_BUILD_SSL

にしないとここで問題になっているSSLの問題の解決にはならないと思うので
他の人がソースから入れる場合は、気にとめてください

fedora developmentのsrc.rpmパッケージをrpmbuildしても良い
(centosのtcp_wrappersにはheaderファイルが含まれるので)vsftpd.specの下記の部分をコメント扱い

#%if %{tcp_wrappers}
#BuildRequires: tcp_wrappers-devel
#%endif

あとは必要なdevelパッケージをいれてrpmbuild

上記のことを どうすればいいのかわかりません。

>同じ症状と言われてもSSL使ってるか使ってないかも

Filezillaですと、TLSのみならず通常のFTPでも
同様のエラーが表示されて接続出来ません

DOS窓から直接FTPコマンドを入力した状態では
正常に接続出来ます。



>エラーメッセージも同一なのかもわかりません。

FileZilla、下記エラーが出てFTPサーバに接続出来ないんです

エラー: 転送チャンネルを開くことができません. 理由: 対象のコンピュータによって拒否されたため、接続できませんでした。
エラー: ディレクトリ一覧を取得できませんでした

こんな感じなんですが、宜しくお願いします。

vsftpd設定


# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
anonymous_enable=NO
#
# Uncomment this to allow local users to log in.
local_enable=YES
#
# Uncomment this to enable any form of FTP write command.
write_enable=YES
#
# Default umask for local users is 077. You may wish to change this to 022,
# if your users expect that (022 is used by most other ftpd's)
local_umask=022
#
# Uncomment this to allow the anonymous FTP user to upload files. This only
# has an effect if the above global write enable is activated. Also, you will
# obviously need to create a directory writable by the FTP user.
#anon_upload_enable=YES
#
# Uncomment this if you want the anonymous FTP user to be able to create
# new directories.
#anon_mkdir_write_enable=YES
#
# Activate directory messages - messages given to remote users when they
# go into a certain directory.
dirmessage_enable=YES
#
# Activate logging of uploads/downloads.
xferlog_enable=YES
#
# Make sure PORT transfer connections originate from port 20 (ftp-data).
connect_from_port_20=YES
#
# If you want, you can arrange for uploaded anonymous files to be owned by
# a different user. Note! Using "root" for uploaded files is not
# recommended!
#chown_uploads=YES
#chown_username=whoever
#
# You may override where the log file goes if you like. The default is shown
# below.
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
#
# If you want, you can have your log file in standard ftpd xferlog format
xferlog_std_format=NO
#
# You may change the default value for timing out an idle session.
#idle_session_timeout=600
#
# You may change the default value for timing out a data connection.
#data_connection_timeout=120
#
# It is recommended that you define on your system a unique user which the
# ftp server can use as a totally isolated and unprivileged user.
#nopriv_user=ftpsecure
#
# Enable this and the server will recognise asynchronous ABOR requests. Not
# recommended for security (the code is non-trivial). Not enabling it,
# however, may confuse older FTP clients.
#async_abor_enable=YES
#
# By default the server will pretend to allow ASCII mode but in fact ignore
# the request. Turn on the below options to have the server actually do ASCII
# mangling on files when in ASCII mode.
# Beware that on some FTP servers, ASCII support allows a denial of service
# attack (DoS) via the command "SIZE /big/file" in ASCII mode. vsftpd
# predicted this attack and has always been safe, reporting the size of the
# raw file.
# ASCII mangling is a horrible feature of the protocol.
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
#
# You may fully customise the login banner string:
ftpd_banner=Welcome to blah FTP service.
#
# You may specify a file of disallowed anonymous e-mail addresses. Apparently
# useful for combatting certain DoS attacks.
#deny_email_enable=YES
# (default follows)
#banned_email_file=/etc/vsftpd/banned_emails
#
# You may specify an explicit list of local users to chroot() to their home
# directory. If chroot_local_user is YES, then this list becomes a list of
# users to NOT chroot().
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
# (default follows)
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
#
# You may activate the "-R" option to the builtin ls. This is disabled by
# default to avoid remote users being able to cause excessive I/O on large
# sites. However, some broken FTP clients such as "ncftp" and "mirror" assume
# the presence of the "-R" option, so there is a strong case for enabling it.
ls_recurse_enable=YES
#
# When "listen" directive is enabled, vsftpd runs in standalone mode and
# listens on IPv4 sockets. This directive cannot be used in conjunction
# with the listen_ipv6 directive.
listen=YES
#
# This directive enables listening on IPv6 sockets. To listen on IPv4 and IPv6
# sockets, you must run two copies of vsftpd whith two configuration files.
# Make sure, that one of the listen options is commented !!
#listen_ipv6=YES

pam_service_name=vsftpd
userlist_enable=YES
tcp_wrappers=YES
use_localtime=YES
pasv_addr_resolve=YES
pasv_address=xxxx.dip.jp
pasv_min_port=60000
pasv_max_port=60030
ssl_enable=YES
rsa_cert_file=/etc/pki/tls/certs/vsftpd.pem
force_local_logins_ssl=NO
force_local_data_ssl=NO

ftpusers 登録していません。
記事編集 編集
Re: FileZilla 接続できません このメッセージに返信する
日時: 2009/09/30 07:25
名前: haru
URL:

自己解決できました。 お騒がせしました。
記事編集 編集
Re: FileZilla 接続できません このメッセージに返信する
日時: 2009/09/30 21:39
名前: よっしー
URL: https://takao-y.net/~takao/fswiki/wiki.cgi
こんばんは、お世話になります。

haruさん>
自己解決大いに結構なんですが、質問して解決したらせめて解決までに至った方法の
概要位は書きましょうよ・・・。でないとこの掲示板(コミュニティ)の存在意義が
薄れてしまいます。

宜しくお願い致します。

以上
記事編集 編集
件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -