このスレッドは解決済です(未解決に戻す場合はこちら)
<<戻る

RAIDの設定の数値 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/29 14:29
名前: ひろりん
URL:
以前もこちらのサイトを手順書としてCentOSで(DNS/WEB/MAIL)構築させて頂きましたが、
スペック的に限界を感じたので思い切って高スペックな環境で再構築をしております。

以前の環境
ASUS P4P800
メモリ:512MB x4(2GB)
500G SATA300 7200
HDD:500G SATA300 7200※RAID構成
IDEモード
インストールOS:CentOS 5.4 i386

今回構築委中の環境は下記となります
ASUS P7H55-M/USB3
メモリ:4GB x4(16GB)
HDD:2TB SATA600 7200(SATA6.0G x2)※RAID構成
AHCIモード※AHCIモードでないとSATA6.0GにOSをインストールできないみたいです
インストール中のOS:CentOS 5.6 x86_64

以前の環境では問題なくインストールできておりましたが、環境が変わり過ぎた(背伸びをし過ぎた)為に
OSのインストール中のRAID構築設定で既につまづいております。

不明な箇所
@RAID構築の「20 swap用論理ボリューム作成」で32MBとなっておりますが当方のメモリ構成の場合も32MBで妥当でしょうか?

A「21 swap用論理ボリューム作成」でサイズは512MB(最大サイズは3968MB)となっており、
説明文では「サイズ(MB)」に物理メモリの2倍の数値(例:物理メモリが256MBなら512)を入力」となっておりますが、
当方では1907616MB(最大サイズは1907616MB)と同じ数値で2倍の数値での入力ができず、
ここで最大サイズを割り当ててしまっても、「22 /(ルート)用論理ボリューム作成」で追記をしても「空き領域がない」として
先に進めなくなり、また「23 /(ルート)用論理ボリューム作成」でも影響が出てしまうと思います。

RAIDの設定について全くの素人なので当方の環境ですとどの様な数値を入れるべきか分かりません。

是非、ご教授をお願い致します
m(__)m
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

Re: RAIDの設定の数値 このメッセージに返信する
日時: 2011/05/30 07:54
名前: 愚者
URL:
@物理エクステントサイズについて

ここでいう32MBはLVMの物理エクステントサイズ(PE Size)であって、swap領域のサイズではありません。
物理エクステントサイズが大きいとより大容量のHDDを無駄なく使えます

例)
物理エクステントサイズ=32MBの場合 LVMで扱える最大容量=32MB×65536=2097152MB=2TB
物理エクステントサイズ= 4MBの場合 LVMで扱える最大容量= 4MB×65536= 262144MB=256GB

今回は2TBのHDDをお使いのようなので、物理エクステント32MBでちょうどよいという事になります。
RAID等でもっと大きなHDDを使う場合はPE Sizeを64MBや128MBに変更します。

Aswap領域のサイズについて

一般的にswap領域のサイズはお使いになるデータベースやサーバープログラム等によって左右されます。
apacheやMysql等しか使わないのであれば、2GBで充分だと思います。
物理メモリが16GBもあるので、swapを使う事はまれです。

Oracle DB等商用製品を使う場合は、推奨されるswapのサイズ計算方法があります。
ちなみにCentOS5はRHEL5のクローンなので、ひとつのswapで指定できる最大サイズは
たしか16GBだったと思います。
記事編集 編集

Page: | 1 | 2 |

件名※必須
名前※必須
URL
任意のパスワード (投稿後のコメント修正・削除時に使用)
画像認証※必須 投稿キー(画像で表示されている数字を入力)
コメント※必須

※質問を投稿後に自己解決された場合は、原因と行った対処を具体的に書き込み下さるよう、よろしくお願いします。

- WEB PATIO -