NTPサーバー構築(ntpd)

最終更新日: 2014.07.10

<<トップページ <<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<管理人へメール <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

NTPサーバーを構築して、サーバーのシステム時刻を日本標準時間に自動的に合わせる。


■NTPサーバーインストール

[root@centos ~]# yum -y install ntp ← NTPサーバーインストール

■NTPサーバー設定

[root@centos ~]# vi /etc/ntp.conf ← ntp設定ファイル編集
# Hosts on local network are less restricted.
#restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap ← 追加(内部からの時刻同期を許可)

# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
server 0.rhel.pool.ntp.org
server 1.rhel.pool.ntp.org
server 2.rhel.pool.ntp.org
↓ 時刻同期先NTPサーバーを変更
server ntp.nict.jp # 日本標準時を提供しているNTPサーバー(stratum 1)
server ntp.jst.mfeed.ad.jp # 上記サーバーと直接同期しているNTPサーバー(stratum 2)
server プロバイダのNTPサーバー名 # プロバイダのNTPサーバー※
※自分が契約しているプロバイダがNTPサーバーを提供している場合はプロバイダのNTPサーバーを指定する。ISP別公開NTPサーバー一覧

■NTPサーバー起動

NTPサーバー起動時に大幅に時刻がずれているとNTPサーバーが起動できないので、いったん、手動で時刻を合わせる
[root@centos ~]# ntpdate ntp.nict.jp ← 手動で時刻を合わせる
 2 Oct 10:11:11 ntpdate[2815]: adjust time server 133.243.238.244 offset 0.076957 sec

[root@centos ~]# systemctl start ntpd ← NTPサーバー起動※CentOS7の場合

[root@centos ~]# /etc/rc.d/init.d/ntpd start ← NTPサーバー起動※CentOS6,5の場合
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]

[root@centos ~]# systemctl enable ntpd ← NTPサーバー自動起動設定※CentOS7の場合

[root@centos ~]# chkconfig ntpd on ← NTPサーバー自動起動設定※CentOS6,5の場合


■NTPサーバー確認

[root@centos ~]# ntpq -p ← NTPサーバーへの時刻同期状態確認
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 ntp-a2.nict.go. .PPS.            1 u    2   64    1    8.795    1.203   0.001
 ntp2.jst.mfeed. 210.173.160.86   2 u    1   64    1    7.623    1.207   0.001
 orion.asahi-net 202.224.53.11    2 u    -   64    1    6.579   -3.557   0.001
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l    -   64    0    0.000    0.000   0.001
 ← NTPサーバー名の前が空白の場合は時刻同期中の状態

[root@centos ~]# ntpq -p ← 約10分後、再度NTPサーバーへの時刻同期状態確認
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-a2.nict.go. .PPS.            1 u    6   64   37    8.281    1.605   0.320
+ntp2.jst.mfeed. 210.173.160.86   2 u    4   64   37    7.545    2.592   0.910
+orion.asahi-net 202.224.53.11    2 u    1   64   37    6.579   -3.557   0.833
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l    2   64   37    0.000    0.000   0.001
 ← NTPサーバー名の前に*または+が表示されれば時刻同期完了の状態(ntpqの説明)

■クライアントの時刻同期

Windows の時刻同期を参照


LPIロゴ Copyright© 2005-2016 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします