動的に拡張したSWAP領域を削除するには

<<戻る

既に/root/swapfileをSWAP領域として拡張済であることが前提

[root@linux ~]# free -mt ← SWAP領域削除前メモリ状態確認
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           185         84        100          0          2         30
-/+ buffers/cache:         51        133
Swap:          511        110        401
Total:         697        194        502

[root@linux ~]# sync ← メモリ上のキャッシュをディスクに書き込む

[root@linux ~]# swapoff swapfile ← swapfileをSWAP領域として無効にする

[root@linux ~]# free -mt ← SWAP領域削除後メモリ状態確認
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           185         95         90          0          2         35
-/+ buffers/cache:         56        129
Swap:          255        106        149
Total:         441        201        239

[root@linux ~]# rm -f swapfile ← swapfile削除
修正キー






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします