SWAP領域を動的に拡張するには

<<戻る

例としてSWAP領域を256MB拡張する

[root@linux ~]# dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=256 ← SWAP領域をswapfileとして256MBで作成
読み込んだブロック数は 256+0
書き込んだブロック数は 256+0

[root@linux ~]# chmod 600 /swapfile ← swapfileのパーミションを変更

[root@linux ~]# ll -h /swapfile ← swapfile作成確認
-rw-------  1 root root 256M  1月 19 14:01 swapfile

[root@linux ~]# mkswap /swapfile ← swapfileをSWAP領域として準備
Setting up swapspace version 1, size = 268431 kB
no label, UUID=5a48f9e3-0c79-4787-ac39-b795cfb57777

[root@linux ~]# sync ← メモリ上のキャッシュをディスクに書き込む

[root@linux ~]# free -mt ← SWAP領域拡張前メモリ状態確認
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           185        182          3          0          1         35
-/+ buffers/cache:        145         39
Swap:          255        255          0
Total:         440        437          3

[root@linux ~]# swapon /swapfile ← swapfileをSWAP領域として有効にする

[root@linux ~]# free -mt ← SWAP領域拡張後メモリ状態確認
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:           185        182          3          0          1         35
-/+ buffers/cache:        145         39
Swap:          511        255        256
Total:         697        438        259

[root@linux ~]# echo "/swapfile swap swap default 0 0" >> /etc/fstab ← 再起動後も拡張したSWAP領域を有効する
修正キー






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします