ファイルを暗号化するには

<<戻る

GnuPG(http://www.gnupg.org/)を使用する

GnuPGとは(http://www.nanashinonozomi.com/gnupg/about.shtml)
PGPとは(http://www.members.tripod.com/nobusato/pgp/what_pgp_is_ja.htm)
GnuPGのPGPの比較(http://hp.vector.co.jp/authors/VA019487/compare.html)

[root@linux ~]# gpg --check-trustdb ← ~/.gnupgディレクトリ作成(最初の1回だけでOK)
gpg: failed to create temporary file `/root/.gnupg/.#lk0x2f59d0.linux.fedorasrv.com.25842': そのようなファイルやディレクトリはありません
gpg: keyblock resource `/root/.gnupg/secring.gpg': 一般的なエラー
gpg: failed to create temporary file `/root/.gnupg/.#lk0x2f5a28.linux.fedorasrv.com.25842': そのようなファイルやディレクトリはありません
gpg: keyblock resource `/root/.gnupg/pubring.gpg': 一般的なエラー
gpg: /root/.gnupg: ディレクトリーができました
gpg: 新しい構成ファイル`/root/.gnupg/gpg.conf'ができました
gpg: 警告: 「/root/.gnupg/gpg.conf」のオプションは起動している間、有効になりません
gpg: fatal: /root/.gnupg: ディレクトリーがありません!
secmem usage: 0/0 bytes in 0/0 blocks of pool 0/32768

[root@linux ~]# echo パスフレーズ | gpg --passphrase-fd 0 --batch -c test.txt ← test.txtというファイルを暗号化

[root@linux ~]# ls -l test.txt* ← 暗号化確認
-rw-r--r-- 1 root root 5 4月 28 22:53 test.txt
-rw-r--r-- 1 root root 50 4月 28 22:53 test.txt.gpg ← 暗号化されたファイル

[root@linux ~]# rm -f test.txt ← 元ファイル削除

[root@linux ~]# gpg test.txt.gpg ← 復号化
gpg: CAST5暗号化済みデータ
パスフレーズを入力:← パスフレーズ応答
gpg: 1 個のパスフレーズで暗号化
gpg: 警告: メッセージの完全性は保護されていません

[root@linux ~]# ls -l test.txt* ← 復号化確認
-rw-r--r-- 1 root root 5 4月 28 22:56 test.txt ← 復号化されたファイル
-rw-r--r-- 1 root root 50 4月 28 22:55 test.txt.gpg

修正キー






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします