DLNAサーバー構築(MediaTomb)

最終更新日: 2017.02.18

<<トップページ <<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

MediaTombDLNA(Digital Living Network Alliance)サーバーを構築し、DLNA対応家電でサーバー上の動画、写真、音楽を視聴できるようにする。
ここでは、DLNAクライアント機能を持つPS3PlayStation 3 本体(チャコール・ブラック)【HDD 500GB】【お一人様一台限り】 【税込】 ソニー・コンピュータエンタテインメント [CECH4300C]【返品種別B】【送料無料】【RCP】)でサーバー上の動画、写真、音楽を視聴できるようにする。

MySQLデータベースが構築済であること


■MediaTombインストール

【CentOS6の場合】
[root@centos ~]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mediatomb/mediatomb-0.12.1.tar.gz
 ← MediaTombダウンロード

※最新版のURLはダウンロードページで確認すること

[root@centos ~]# tar zxvf mediatomb-0.12.1.tar.gz ← MediaTomb展開

[root@centos ~]# mkdir -p rpmbuild/{SOURCES,SPECS} ← RPM作成用ディレクトリ作成

[root@centos ~]# cp mediatomb-0.12.1/mediatomb.spec rpmbuild/SPECS/
 ← mediatomb.specを所定のディレクトリへコピー

[root@centos ~]# cp mediatomb-0.12.1.tar.gz rpmbuild/SOURCES/
 ← ダウンロードしたファイルを所定のディレクトリへコピー

[root@centos ~]# vi rpmbuild/SPECS/mediatomb.spec ← mediatomb.spec編集
BuildRequires: sqlite-devel, mysql-devel, libexif-devel, taglib-devel, file-devel, js-devel, zlib-devel
↓
BuildRequires: sqlite-devel, mysql-devel, libexif-devel, taglib-devel, file, js-devel, zlib-devel, expat-devel
 ← 変更

[root@centos ~]# rpmbuild -bb --clean rpmbuild/SPECS/mediatomb.spec ← MediaTombのRPM作成
rpmbuildが「ビルド依存性の失敗」で異常終了した場合

[root@centos ~]# yum -y localinstall --nogpgcheck rpmbuild/RPMS/`uname -p`/mediatomb-0.12.1-1.*.rpm
 ← 作成したMediaTombのRPMインストール

[root@centos ~]# rm -f rpmbuild/RPMS/`uname -p`/mediatomb-* ← 作成したRPMを削除

[root@centos ~]# rpmbuild --rmsource --rmspec rpmbuild/SPECS/mediatomb.spec ← RPM作成後始末

[root@centos ~]# rm -rf mediatomb-0.12.1 ← MediaTomb展開先ディレクトリを削除

[root@centos ~]# rm -f mediatomb-0.12.1.tar.gz ← ダウンロードしたファイルを削除



【CentOS5の場合】
[root@centos ~]# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mediatomb/mediatomb-0.12.1.tar.gz
 ← MediaTombダウンロード

※最新版のURLはダウンロードページで確認すること

[root@centos ~]# tar zxvf mediatomb-0.12.1.tar.gz ← MediaTomb展開

[root@centos ~]# cp mediatomb-0.12.1/mediatomb.spec /usr/src/redhat/SPECS/
 ← mediatomb.specを所定のディレクトリへコピー

[root@centos ~]# cp mediatomb-0.12.1.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/
 ← ダウンロードしたファイルを所定のディレクトリへコピー

[root@centos ~]# vi /usr/src/redhat/SPECS/mediatomb.spec ← mediatomb.spec編集
BuildRequires: sqlite-devel, mysql-devel, libexif-devel, taglib-devel, file-devel, js-devel, zlib-devel
↓
BuildRequires: sqlite-devel, mysql-devel, libexif-devel, taglib-devel, file, js-devel, zlib-devel, expat-devel
 ← 変更

[root@centos ~]# rpmbuild -bb --clean /usr/src/redhat/SPECS/mediatomb.spec ← MediaTombのRPM作成
rpmbuildが「ビルド依存性の失敗」で異常終了した場合

[root@centos ~]# yum -y localinstall --nogpgcheck /usr/src/redhat/RPMS/`uname -p`/mediatomb-0.12.1-1.*.rpm
 ← 作成したMediaTombのRPMインストール

[root@centos ~]# rm -f /usr/src/redhat/RPMS/`uname -p`/mediatomb-* ← 作成したRPMを削除

[root@centos ~]# rpmbuild --rmsource --rmspec /usr/src/redhat/SPECS/mediatomb.spec ← RPM作成後始末

[root@centos ~]# rm -rf mediatomb-0.12.1 ← MediaTomb展開先ディレクトリを削除

[root@centos ~]# rm -f mediatomb-0.12.1.tar.gz ← ダウンロードしたファイルを削除

■MySQLデータベース作成

[root@centos ~]# mysql -u root -p ← MySQLへrootでログイン
Enter password: ← MySQLのrootパスワード応答
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 202
Server version: 5.0.45 Source distribution

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql> create database mediatomb; ← mediatombデータベース作成
Query OK, 1 row affected (0.04 sec)

mysql> grant all privileges on mediatomb.* to mediatomb@localhost identified by 'パスワード'; ← mediatombユーザー作成
Query OK, 0 rows affected (0.07 sec)

mysql> exit ← ログアウト
Bye

[root@centos ~]# mysql -p mediatomb < /usr/share/mediatomb/mysql.sql ← mediatombデータベース初期設定
Enter password: ← MySQLのmediatombユーザーのパスワードを応答

■MediaTomb設定

[root@centos ~]# vi /etc/mediatomb.conf ← MediaTomb設定ファイル編集
## Network interface on which the server will run, you need to edit this!
MT_INTERFACE="NOT_SET"
↓
MT_INTERFACE="eth0" ← ネットワークインタフェース名を指定

[root@centos ~]# /etc/rc.d/init.d/mediatomb start ;  /etc/rc.d/init.d/mediatomb stop ← config.xml作成
Applying multicast settings to eth0... Starting mediatomb: [  OK  ]
Shutting down mediatomb:                                   [  OK  ]

[root@centos ~]# vi /etc/mediatomb/config.xml ← config.xml編集
    <storage>
      <sqlite3 enabled="yes">
      ↓
      <sqlite3 enabled="no"> ← sqliteを無効化
        <database-file>mediatomb.db</database-file>
      </sqlite3>
      <mysql enabled="no">
      ↓
      <mysql enabled="yes"> ← mysqlを有効化
        <host>localhost</host>
        <username>mediatomb</username>
        <password>パスワード</password> ← 追加(MySQLのmediatombユーザーのパスワードを指定)
        <database>mediatomb</database>
      </mysql>
    </storage>

    <protocolInfo extend="no"/><!-- For PS3 support change to "yes" -->
    ↓
    <protocolInfo extend="yes"/><!-- For PS3 support change to "yes" --> ← PS3有効化

  <import hidden-files="no">
    <filesystem-charset>UTF-8</filesystem-charset> ← 追加
    <metadata-charset>CP932</metadata-charset> ← 追加

      <extension-mimetype ignore-unknown="no">
        −−追加(ここから)−−
        <map from="jpg" to="image/jpeg"/>
        <map from="jpeg" to="image/jpeg"/>
        <map from="gif" to="image/gif"/>
        <map from="png" to="image/png"/>
        <map from="m4v" to="video/mp4"/>
        <map from="mp4" to="video/mp4"/>
        <map from="mpg" to="video/mpeg"/>
        <map from="mpeg" to="video/mpeg"/>
        −−追加(ここまで)−−
        <map from="mp3" to="audio/mpeg"/>
        <map from="ogg" to="application/ogg"/>
        <map from="asf" to="video/x-ms-asf"/>
        <map from="asx" to="video/x-ms-asf"/>
        <map from="wma" to="audio/x-ms-wma"/>
        <map from="wax" to="audio/x-ms-wax"/>
        <map from="wmv" to="video/x-ms-wmv"/>
        <map from="wvx" to="video/x-ms-wvx"/>
        <map from="wm" to="video/x-ms-wm"/>
        <map from="wmx" to="video/x-ms-wmx"/>
        <map from="m3u" to="audio/x-mpegurl"/>
        <map from="pls" to="audio/x-scpls"/>
        <map from="flv" to="video/x-flv"/>
        <!-- Uncomment the line below for PS3 divx support -->
        <!-- <map from="avi" to="video/divx"/> -->
        ↓
        <map from="avi" to="video/divx"/> ← PS3によるdivx対応を有効化
        <!-- Uncomment the line below for D-Link DSM / ZyXEL DMA-1000 -->
        <!-- <map from="avi" to="video/avi"/> -->
      </extension-mimetype>

■MediaTomb起動

[root@centos ~]# /etc/rc.d/init.d/mediatomb start ← MediaTomb起動
Applying multicast settings to eth0... Starting mediatomb: [  OK  ]

[root@centos ~]# chkconfig mediatomb on ← MediaTomb自動起動設定


■MediaTomb確認

http://サーバーIPアドレス:50500/へアクセスしてMEDIATOMBページが表示されることを確認。



Filesystemをクリック・・・サーバー上のディレクトリ一覧が表示される。公開するディレクトリやファイルは右側のをクリックする。

Databaseをクリック・・・公開ディレクトリ、ファイルが表示される。公開しないディレクトリやファイルは右側のをクリックする。

LANに接続したPS3でMediaTombが表示され、動画、写真、音楽が視聴できることを確認。


【TV(PS3)で再生】
PS3でビデオ⇒MediaTombとたどるとサーバー側で公開指定したディレクトリが表示される

【iPhone(nPlayer)で再生】
nPlayer※有料で再生



▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします