ハードディスク追加

最終更新日: 2016.12.21

<<トップページ <<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

ハードディスクを論理ボリューム管理下へ追加して、論理ボリュームを追加、または論理ボリュームサイズを拡大できるようにする。

【LVM概要】

【ハードディスク追加要領】
ハードディスク取り付け

LVMパーティション作成

PV作成

PVをVGへ登録


■LVMパーティション作成

ハードディスク取り付け後、システム起動

[root@centos ~]# fdisk -l ← ハードディスクパーティション確認

Disk /dev/sda: 4294 MB, 4294967296 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 522 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/sda2              14         522     4088542+  8e  Linux LVM

Disk /dev/sdb: 1073 MB, 1073741824 bytes ← 追加ハードディスクを/dev/sdbとして認識
255 heads, 63 sectors/track, 130 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

ディスク /dev/sdb は正常な領域テーブルを含んでいません

[root@centos ~]# fdisk /dev/sdb ← ハードディスクパーティション設定
デバイスは正常な DOS 領域テーブルも、Sun, SGI や OSF ディスクラベルも
含んでいません
新たに DOS ディスクラベルを作成します。あなたが書き込みを決定するまで、変更は
メモリ内だけに残します。その後はもちろん以前の内容は修復不可能になります。
警告: 領域テーブル 4 の不正なフラグ 0x0000 は w(書き込み)によって
正常になります

コマンド (m でヘルプ): n ← n(新規パーティション作成)応答
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p ← p(基本パーティション)応答
領域番号 (1-4): 1 ← 1(パーティション番号)応答
最初 シリンダ (1-130, default 1): ← 空ENTER(/dev/sdbの先頭からパーティション割当て)
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-130, default 130):
 ← 空ENTER(/dev/sdbの最終までパーティション割当て)
Using default value 130

コマンド (m でヘルプ): t ← t(システムID設定)応答
Selected partition 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): 8e ← 8e(LVMシステムID)応答
領域のシステムタイプを 1 から 8e (Linux LVM) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): p ← p(パーティション表示)応答

Disk /dev/sdb: 1073 MB, 1073741824 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 130 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1         130     1044193+  8e  Linux LVM
パーティションが一つでIdが8e、SystemがLinux LVMとなっていることを確認

コマンド (m でヘルプ): w ← w(パーティションをディスクへ書き込み)応答
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。
ディスクを同期させます。

■PV作成

[root@centos ~]# pvcreate /dev/sdb1 ← 作成したLVMパーティションでPV作成
  Physical volume "/dev/sdb1" successfully created

[root@centos ~]# pvdisplay ← PV照会
  /dev/hdc: open failed: メディアが見つかりません
  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda2
  VG Name               VolGroup00
  PV Size               3.90 GB / not usable 24.72 MB
  Allocatable           yes (but full)
  PE Size (KByte)       32768
  Total PE              124
  Free PE               0
  Allocated PE          124
  PV UUID               uD1dJT-5X84-uQzr-t32U-ys6O-r203-rPZ8Uh
−−作成したPVの情報(ここから)−−
  "/dev/sdb1" is a new physical volume of "1019.72 MB"
  --- NEW Physical volume ---
  PV Name               /dev/sdb1
  VG Name
  PV Size               1019.72 MB
  Allocatable           NO
  PE Size (KByte)       0
  Total PE              0
  Free PE               0
  Allocated PE          0
  PV UUID               UV2p23-E1CB-z14z-aRcj-QxtT-UhdY-djWRZK
−−作成したPVの情報(ここまで)−−

■PVをVGへ登録

[root@centos ~]# vgextend VolGroup00 /dev/sdb1 ← 作成したPVを既存VGへ登録
  Volume group "VolGroup00" successfully extended

[root@centos ~]# vgdisplay ← VG照会
  --- Volume group ---
  VG Name               VolGroup00
  System ID
  Format                lvm2
  Metadata Areas        2
  Metadata Sequence No  4
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                2
  Open LV               2
  Max PV                0
  Cur PV                2
  Act PV                2
  VG Size               4.84 GB
  PE Size               32.00 MB
  Total PE              155
  Alloc PE / Size       124 / 3.88 GB
  Free  PE / Size       31 / 992.00 MB ← VGに空き(992MB)ができた
  VG UUID               9wGRk1-6iy1-03Hi-BX2b-W8u8-saiV-P6wfiL



▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします