仮想マシン構築(KVM)

最終更新日: 2017.05.24

<<トップページ <<新着情報 <<逆引き集 <<リンク集 <<サイト内検索 <<メルマガ <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

KVMでXenによる準仮想化不可のOS(Xen対応kernelがリリースされていないOSやWindows等)を動作させる。

※ホストマシンのCPUは完全仮想化対応の64ビットであること

【KVMによる仮想マシン動作イメージ】


■KVM使用可否確認

ホストマシンにLinuxがインストールされている場合
[root@host ~]# grep -E 'svm|vmx' /proc/cpuinfo > /dev/null &&  echo OK ← CPUの完全仮想化対応確認
OK ← OKと表示されれば完全仮想化対応CPU

[root@host ~]# grep flags /proc/cpuinfo|grep lm > /dev/null && echo OK ← CPUの64ビット確認
OK ← OKと表示されれば64ビットCPU

ホストマシンにWindowsがインストールされている場合
VirtualCheckerダウンロード&解凍後、VirtualChecker.exeを実行して、下図例のように「VIRTUALIZATION」が"Enabled"、「64BIT」が"Supported"であればKVM使用可能CPU


■仮想化関連パッケージインストール

[root@host ~]# yum -y groupinstall "Virtualization Host" ← 仮想化関連パッケージインストール※CentOS7の場合

[root@host ~]# yum -y install virt-install virt-top ← 仮想マシンインストールコマンド等インストール※CentOS7の場合

[root@host ~]# yum -y groupinstall "Virtualization" "Virtualization Client" "Virtualization Platform" "Virtualization Tools" ← 仮想化関連パッケージインストール※CentOS6の場合

[root@host ~]# yum -y install '*guestf*' ← オフラインゲスト編集ツールインストール

■仮想マシン制御起動

[root@host ~]# systemctl start libvirtd ← 仮想マシン制御起動※CentOS7の場合

[root@host ~]# /etc/rc.d/init.d/libvirtd start ← 仮想マシン制御起動※CentOS6の場合
libvirtd デーモンを起動中:                                 [  OK  ]


■仮想化設定

[root@host ~]# systemctl stop NetworkManager ← NetworkManager停止(ブリッジ未対応のため)※CentOS7の場合

[root@host ~]# systemctl start network ← netowork起動※CentOS7の場合

[root@host ~]# systemctl disable NetworkManager ← NetworkManager自動起動解除※CentOS7の場合

[root@host ~]# systemctl enable network ← network自動起動設定※CentOS7の場合

[root@host ~]# echo DEVICE=eth0 >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ← LANインタフェース設定ファイル編集(DEVICE句追加)※CentOS7の場合

[root@host ~]# sed -i 's/IPADDR0/IPADDR/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ← LANインタフェース設定ファイル編集(IPADDR0をIPADDRへ変更)※CentOS7の場合

[root@host ~]# sed -i 's/PREFIX0/PREFIX/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ← LANインタフェース設定ファイル編集(PREFIX0をPREFIXへ変更)※CentOS7の場合

[root@host ~]# sed -i 's/GATEWAY0/GATEWAY/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ←LANインタフェース設定ファイル編集(GATEWAY0をGATEWAYへ変更) ※CentOS7の場合

[root@host ~]# virsh iface-bridge eth0 br0 ← ブリッジインタフェースbr0作成&起動
ブリッジ br0 を作成して、デバイス eth0 に接続しました
ブリッジインターフェース br0 が起動しました

[root@host ~]# vi /etc/sysconfig/libvirt-guests ← libvirt-guests編集
ON_SHUTDOWN=shutdown ← ホスト停止時にゲストも停止する
SHUTDOWN_TIMEOUT=300 ← ゲスト停止監視時間※この時間を超えてもゲストが停止しない場合はゲストを強制停止する

■ゲスト作成


■ゲスト操作

[root@host ~]# virsh list ← 稼働中ゲスト表示
 Id    名前                         状態
----------------------------------------------------
 1     VM01                           実行中

[root@host ~]# virsh dominfo VM01 ← ゲスト状態表示
Id:             4
名前:         VM01
UUID:           267dfe7e-5e72-bdad-83c3-378b965dd891
OS タイプ:   hvm
状態:         実行中
CPU:            1
CPU 時間:     12.6s
最大メモリー: 1048576 KiB
使用メモリー: 1048576 KiB
永続:         はい (yes)
自動起動:   有効にする
管理済み保存: いいえ (no)
セキュリティモデル: none
セキュリティ DOI: 0

[root@host ~]# virsh start VM01 ← ゲスト起動
ドメイン VM01 が起動されました

[root@host ~]# virsh shutdown VM01 ← ゲスト停止
ドメイン VM01 をシャットダウンしています

[root@host ~]# virsh reboot VM01 ← ゲスト再起動
ドメイン VM01 を再起動しています

[root@host ~]# virsh destroy  VM01 ← ゲスト強制停止
ドメイン VM01 は強制停止されました

[root@host ~]# virsh autostart VM01 ← ゲスト自動起動設定
ドメイン VM01 が自動起動に設定されました

[root@host ~]# virsh autostart --disable VM01 ← ゲスト自動起動設定解除
ドメイン VM01 の自動起動設定が解除されました

[root@host ~]# virsh undefine VM01 ← ゲスト削除
ドメイン VM01 の定義が削除されました

[root@host ~]# rm -f /var/lib/libvirt/images/VM01.img ← ゲスト割当てディスク削除(ゲスト削除)

[root@host ~]# virt-top ← ゲスト統計情報リアルタイム表示
virt-top 05:20:10 - x86_64 2/2CPU 1200MHz 3831MB 0.3%
2 domains, 2 active, 2 running, 0 sleeping, 0 paused, 0 inactive D:0 O:0 X:0
CPU: 0.3%  Mem: 2048 MB (ゲストによる 2048 MB)

   ID S RDRQ WRRQ RXBY TXBY %CPU %MEM    TIME   NAME
    1 R    0    0   52    0  0.2 26.0   0:20.53 VM01
    2 R    0    0   52    0  0.2 26.0   0:20.55 VM02

qキー押下 ← ゲスト統計情報リアルタイム表示終了






▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします