ゲスト複製

最終更新日: 2016.12.21

<<トップページ <<新着情報 <<リンク集 <<サイト内検索 <<Scientific Linuxで自宅サーバー構築 <<Fedoraで自宅サーバー構築

■概要

KVMホスト上に作成した既存のゲストを複製して新しいゲストを作成する。
ここでは、既存のゲスト(CentOS6)を複製して新しいゲストを作成する。


■ゲスト複製

既存のゲストVM01(CentOS6)を複製してVM02を作成する。※複製元のVM01は停止していること
[root@host ~]# virt-clone -o VM01 -n VM02 -f /var/lib/libvirt/images/VM02.img ← 既存のゲストVM01を複製してVM02を作成する
割り当て中 'VM02.img'                               |  10 GB     00:39

Clone 'VM02' created successfully.

[root@host ~]# virsh domiflist VM02 ← 作成したゲストのMACアドレス確認
インターフェース 種類     ソース  モデル   MAC
-------------------------------------------------------
-          bridge     br0        virtio      52:54:00:79:4d:4d

[root@host ~]# uuidgen ← UUID生成
a2d36c78-c08e-4541-b389-aa23ccc9a276

[root@host ~]# virt-edit -d VM02 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ← 作成したゲストのネットワーク設定
UUID=a2d36c78-c08e-4541-b389-aa23ccc9a276 ← UUID変更
HWADDR=52:54:00:79:4d:4d ← MACアドレス変更
IPADDR=192.168.1.50 ← IPアドレス変更

[root@host ~]# virt-edit -d VM02 /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules ← 作成したゲストのUDEV設定
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="52:54:00:79:4d:4d", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0" ← MACアドレス変更

【CentOS7の場合】
[root@host ~]# virt-edit -d VM02 /etc/hostname ← 作成したゲストのホスト名設定
VM02 ← ホスト名変更

【CentOS6の場合】
[root@host ~]# virt-edit -d VM02 /etc/sysconfig/network ← 作成したゲストのホスト名設定
HOSTNAME=VM02 ← ホスト名変更

[root@host ~]# virsh start VM02 ← 作成したゲストを起動
ドメイン VM02 が起動されました



▲このページのトップへ戻る

LPIロゴ Copyright© 2005-2017 fallenangels, All rights reserved.
ご自由にリンクしてください(連絡は不要です)
本ページへのご意見・ご要望、誤字・脱字・リンク切れ等のご連絡はこちらからお願いします